m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

PARP阻害薬で骨髄異形成症候群と骨髄性白血病のリスク上昇

2021年1月15日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

PARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬による骨髄異形成症候群(MDS)と急性骨髄性白血病(AML)のリスクを無作為化比較試験28件(PARP阻害薬群5693例、対照群3406例)の安全性メ...

文献:Morice PM, et al. Myelodysplastic syndrome and acute myeloid leukaemia in patients treated with PARP inhibitors: a safety meta-analysis of randomised controlled trials and a retrospective study of the WHO pharmacovigilance database. Lancet Haematol. 2020 Dec 18. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。