m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

超低出生体重児への輸血、Hb高閾値でも転帰変わらず

2021年1月15日  ソース:NEJM  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

早産児1824例(平均出生体重756g、平均在胎週数25.9週))を対象に、赤血球輸血時のヘモグロビン(Hb)閾値の高閾値による転帰改善効果を非盲検多施設共同試験で検討。対象児(を出生後48時間以内に...

文献:Kirpalani H, et al. Higher or Lower Hemoglobin Transfusion Thresholds for Preterm Infants. N Engl J Med. 2020 Dec 31;383(27):2639-2651.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。