m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

35歳以上はフルオロキノロン系抗菌薬で動脈瘤リスク上昇

2021年1月16日  ソース:JAMA Surg  カテゴリ: 一般外科疾患投薬に関わる問題

米国で、MarketScan健康保険請求データベースを用いて、一般住民のフルオロキノロン系抗菌薬使用後の大動脈瘤および大動脈解離リスクを評価。2005-2017年のフルオロキノロン系抗菌薬または対照抗...

文献:Newton ER, et al. Association of Fluoroquinolone Use With Short-term Risk of Development of Aortic Aneurysm. JAMA Surg. 2021 Jan 6. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。