m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

SGLT2阻害薬とGLP1受容体作動薬の便益と有害性を比較

2021年1月21日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

心血管と腎臓のリスクがある2型糖尿病患者に用いるナトリウム・グルコース共役輸送体2(SGLT2)阻害薬とグルカゴン様ペプチド1(GLP1)受容体作動薬の便益と有害性を評価すべく、無作為化比較試験の系統...

文献:Palmer SC, et al. Sodium-glucose cotransporter protein-2 (SGLT-2) inhibitors and glucagon-like peptide-1 (GLP-1) receptor agonists for type 2 diabetes: systematic review and network meta-analysis of randomised controlled trials. BMJ. 2021 Jan 13;372:m4573.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。