m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児感音難聴、10年間の診断の変遷 米

2021年1月22日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患耳鼻咽喉科疾患その他

米国で2008-18年に医療機関を受診した感音難聴小児患者5万3711例(平均年齢7.3歳、44.2%が女児)を対象に、検査(心電図、CT検査、遺伝子検査など)および治療(言語聴覚療法、補聴器、人工内...

文献:Qian ZJ, et al. Use of Diagnostic Testing and Intervention for Sensorineural Hearing Loss in US Children From 2008 to 2018. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg. 2020 Dec 30. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。