m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

乳房濃度別の乳がん検診戦略、費用対効果は良好

2021年2月18日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患産婦人科疾患検査に関わる問題

初回乳がん検診時の乳房濃度で層別化した検診戦略の費用対効果をマイクロシミュレーションモデルで評価。「監視、疫学および最終結果」(SEER)およびメディケアのデータを用いて、4通りの戦略の生涯費用と質調...

文献:Shih YT, et al. Incorporating Baseline Breast Density When Screening Women at Average Risk for Breast Cancer: A Cost-Effectiveness Analysis. Ann Intern Med. 2021 Feb 9. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。