m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

高リスクAMLに高強度RICレジメンは無益

2021年2月19日  ソース:J Clin Oncol  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

高リスクの急性骨髄性白血病(AML)または骨髄異形成(MDS)を呈する同種幹細胞移植施行患者244例(年齢中央値59歳)を対象に、フルダラビン+amsacrine+シタラビン-ブスルファン(FLAMS...

文献:Craddock C, et al. Augmented Reduced-Intensity Regimen Does Not Improve Postallogeneic Transplant Outcomes in Acute Myeloid Leukemia. J Clin Oncol. 2020 Dec 29. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。