m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

にきび治療のスピロノラクトン、カリウム監視率はいまだに高い

2021年2月21日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 産婦人科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

米国でスピロノラクトンによる尋常性ざ瘡(にきび)治療中のカリウム値監視状況の経時的変化を後ろ向きコホート研究で検討。OptumClinformaticsDataMartデータベースを用いて、スピロノラ...

文献:Barbieri JS, et al. Temporal Trends and Clinician Variability in Potassium Monitoring of Healthy Young Women Treated for Acne With Spironolactone. JAMA Dermatol. 2021 Jan 27. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。