m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠初期のオピオイド使用で児の先天性異常リスクは上昇するか

2021年2月20日  ソース:BMJ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

妊娠第1三半期のオピオイド処方と新生児先天性異常との関連性を米国の住民対象コホート研究で評価した。対象妊婦は被保険者データから抽出した[公的保険(MAX)160万2580例、民間保険(MarketSc...

文献:Bateman BT, et al. Association of first trimester prescription opioid use with congenital malformations in the offspring: population based cohort study. BMJ. 2021; 372: n102.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。