m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

20年でがん患者の自殺が減少、精神腫瘍学と緩和ケアが寄与か

2021年2月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 精神科疾患一般外科疾患

がん患者は、心理的苦痛、治療の副作用、制御不能な痛みのため、自殺リスクが高いと考えられている。そこで、1999-2018年の米国MultipleCauseofDeathデータベースのデータを用いて、精...

文献:Han X, et al. Trends of Cancer-Related Suicide in the United States: 1999-2018. J Natl Cancer Inst. 2021 Jan 19. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。