m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

子宮筋腫の過多月経、レルゴリクス併用で改善

2021年2月25日  ソース:NEJM  カテゴリ: 産婦人科疾患投薬に関わる問題

子宮筋腫に伴う過多月経がある女性を対象に、経口ゴナドトロピン放出ホルモン受容体拮抗薬レルゴリクス、エストラジオールおよびnorethindroneacetate併用療法(1日1回投与)の有効性を24週...

文献:Al-Hendy A, et al. Treatment of Uterine Fibroid Symptoms with Relugolix Combination Therapy. N Engl J Med. 2021; 384: 630-42.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。