m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中マクロライド系抗菌薬使用で児の先天異常リスク増えず

2021年2月26日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

デンマークの全国コホート研究(1997年から2016年)で、妊婦のマクロライド系抗菌薬投与と重大な先天異常リスクとの関連性を検討。生児を出生した妊婦119万2539例のうち妊娠中にマクロライド系抗菌薬...

文献:Andersson NW, et al. Association between use of macrolides in pregnancy and risk of major birth defects: nationwide, register based cohort study. BMJ. 2021; 372: n107.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。