m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

転移性乳頭状腎細胞がん、カボザンチニブでPFS改善

2021年2月28日  ソース:Lancet  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

転移性乳頭状腎細胞がん患者147例を対象に、標準治療薬スニチニブの有効性をMETキナーゼ阻害薬(カボザンチニブ、クリゾチニブ、savolitinib)と比較する無作為化非盲検第II相試験を実施。患者を...

文献:Pal SK, et al. A comparison of sunitinib with cabozantinib, crizotinib, and savolitinib for treatment of advanced papillary renal cell carcinoma: a randomised, open-label, phase 2 trial. Lancet. 2021; 397: 695-703.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。