m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

脳海綿状血管奇形にプロプラノロールが有望、マウスで効果を確認

2021年3月15日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 脳神経外科疾患投薬に関わる問題

誘導型内皮特異的Ccm3ノックアウトマウスモデル(CCM3iECKO)を用いた前臨床試験で、脳海綿状血管奇形(CCM)に対するプロプラノロールの効果を検証した。その結果、プロプラノロール治療によりCC...

文献:Oldenburg J, et al. Propranolol Reduces the Development of Lesions and Rescues Barrier Function in Cerebral Cavernous Malformations: A Preclinical Study. Stroke. 2021 Feb 23. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。