m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児のいびきと認知能力の関連、交絡因子調整後に弱まる

2021年3月22日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

米国のAdolescentBrainCognitiveDevelopment研究に参加している9-10歳の定型発達児1万1873例を対象に、習慣性いびき(1週間に3晩以上)と認知能力の関連に対する潜在...

文献:Isaiah A, et al. Association Between Habitual Snoring and Cognitive Performance Among a Large Sample of Preadolescent Children. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg. 2021 Feb 25. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。