m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

スマートウォッチ用いた術前リハビリで身体状態改善

2021年4月8日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 一般外科疾患その他

腹部がんの大手術を予定している患者22例を対象に、スマートウォッチを用いて在宅で運動、栄養、食生活の指導を受ける術前リハビリテーションの術前身体機能改善効果を単施設無作為化比較パイロット試験で検討。患...

文献:Waller E, et al. Prehabilitation with wearables versus standard of care before major abdominal cancer surgery: a randomised controlled pilot study (trial registration: NCT04047524). Surg Endosc. 2021 Mar 15. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。