m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早産児は青年期・若年成人期の向精神薬処方率が高い

2021年4月9日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 精神科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

ノルウェーの全国レジストリデータを用いて、早産児と正期産児の後の向精神薬諸法律をコホート研究で比較。対象とした計50万5030例(男性51.4%)を極早産(23-27週、0.2%)、超早産(28-31...

文献:Bachmann CS, et al. Association of Preterm Birth With Prescription of Psychotropic Drugs in Adolescence and Young Adulthood. JAMA Netw Open. 2021; 4: e211420.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。