m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

多発性硬化症の障害進行予測に網膜SD-OCTが有用

2021年4月10日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 神経内科疾患眼科疾患その他

多発性硬化症(MS)患者132例(平均年齢43歳、再発寛解型MS患者106例)を対象に、ベースラインの網膜のスペクトラルドメイン光干渉断層計(SD-OCT)測定値と長期的な障害進行(disabilit...

文献:Lambe J, et al. Association of Spectral-Domain OCT With Long-term Disability Worsening in Multiple Sclerosis. Neurology. 2021 Mar 2. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。