m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

重度肥満のNAFLD患者、肥満手術でがんリスク低下

2021年4月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患

重度肥満の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)成人患者9万8090例を対象に、肥満手術によるがんリスク抑制効果を後ろ向きコホート研究で検討。逆確率重み付け法を用いて交絡を調整し、肥満手術と全がんリ...

文献:Rustgi VK, et al. Bariatric Surgery Reduces Cancer Risk in Adults with Nonalcoholic Fatty Liver Disease and Severe Obesity. Gastroenterology. 2021 Mar 17. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。