m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

喫煙量が少ないCKD患者は長期禁煙で冠動脈石灰化リスク低下

2021年4月30日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患循環器疾患腎・泌尿器疾患

韓国の慢性腎臓病(CKD)患者を対象に、喫煙量および禁煙状況と冠動脈石灰化(CAC)との関連を前向きコホート研究で検討。CKD患者1914例を組み入れ、CACの有無と4年後のCAC進行をAgatsto...

文献:Lee MJ, et al. Smoking Cessation and Coronary Artery Calcification in CKD. Clin J Am Soc Nephrol. 2021 Apr 20. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。