m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

低用量アスピリンで大腸ポリープ再発抑制

2021年5月6日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題その他

5mm以上の腫瘍の内視鏡的摘除が終了した家族性大腸腺腫症(FAP)の日本人患者104例を対象に、ポリープ再発に対する低用量アスピリンとメサラジンの効果を2×2要因計画デザインを用いた無作為化二重盲検プ...

文献:Ishikawa H, et al. Chemoprevention with low-dose aspirin, mesalazine, or both in patients with familial adenomatous polyposis without previous colectomy (J-FAPP Study IV): a multicentre, double-blind, randomised, two-by-two factorial design trial. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2021 Apr 1. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。