m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

乳児期早期の侵襲性B群連鎖球菌髄膜炎感染で5歳時の死亡率上昇

2021年5月31日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患脳神経外科疾患産婦人科疾患感染症

デンマークとオランダで、生後89日までに侵襲性B群連鎖球菌(GBS)感染症に感染した小児2258例[髄膜炎366例、敗血症1763例、肺炎(デンマークのみ)129例]を対象に、長期の死亡率、神経発達障...

文献:Horváth-Puh Ó E, et al. Mortality, neurodevelopmental impairments, and economic outcomes after invasive group B streptococcal disease in early infancy in Denmark and the Netherlands: a national matched cohort study. Lancet Child Adolesc Health. 2021 Apr 21. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。