m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

高齢胃食道がんで強度減弱化学療法が非劣性示す

2021年6月10日  ソース:JAMA Oncol  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患投薬に関わる問題

高齢やフレイルにより標準化学療法の全量投与が不適とされた進行胃食道接合部がん患者514例(年齢中央値76歳、男性75%、重度フレイル58%)を対象に、オキサリプラチンとカペシタビンを用いた強度減弱化学...

文献:Hall PS, et al. Efficacy of Reduced-Intensity Chemotherapy With Oxaliplatin and Capecitabine on Quality of Life and Cancer Control Among Older and Frail Patients With Advanced Gastroesophageal Cancer: The GO2 Phase 3 Randomized Clinical Trial. JAMA Oncol. 2021 May 13. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。