m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

重篤気分調節症は双極性障害より薬剤処方や入院が多い

2021年6月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

DSM-5で採用された重篤気分調節症(DMDD)の診断動向と処方パターンを双極性障害(BPD)と比較すべく、後ろ向きコホート研究を実施。2008-18年の米電子診療録データから若年のDMDD患者767...

文献:Findling RL, et al. Diagnostic Trends and Prescription Patterns in Disruptive Mood Dysregulation Disorder and Bipolar Disorder. J Am Acad Child Adolesc Psychiatry. 2021 Jun 2. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。