m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

10代の社会不安障害にオンラインCBTが有効

2021年6月16日  ソース:JAMA Psychiatry  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患

10-17歳の社会不安障害患者103例(平均年齢14.1歳、女児77%)とその親を対象に、セラピストが主導するオンライン認知行動療法(ICBT)とオンライン支持療法(ISUPPORT)の有効性および費...

文献:Nordh M, et al. Therapist-Guided Internet-Delivered Cognitive Behavioral Therapy vs Internet-Delivered Supportive Therapy for Children and Adolescents With Social Anxiety Disorder: A Randomized Clinical Trial. JAMA Psychiatry. 2021 May 1. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。