m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

尿路上皮がん1次治療、ペムブロリズマブ+化学療法の有意な効果示されず

2021年6月17日  ソース:Lancet Oncol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

未治療の進行尿路上皮がん患者1010例を対象に、ペムブロリズマブ単剤療法または白金製剤主体の化学療法との併用療法の転帰を第III相無作為化非盲検試験で検討(KEYNOTE-361試験)。化学療法単独に...

文献:Powles T, et al. Pembrolizumab alone or combined with chemotherapy versus chemotherapy as first-line therapy for advanced urothelial carcinoma (KEYNOTE-361): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2021 May 26. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。