m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

POAGのMicroShunt、線維柱帯切除に比べ1年成功率低い

2021年6月20日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患投薬に関わる問題

原発性開放隅角緑内障(POAG)に対するMicroShuntと線維柱帯切除術の有効性および安全性を比較する2年間の前向き無作為化非劣性試験の1年時の結果を報告。最大耐用量の薬物療法で制御不良な40-8...

文献:Baker ND, et al. Ab-externo MicroShunt versus Trabeculectomy in Primary Open-Angle Glaucoma: 1-year Results from a 2-year Randomized, Multicenter Study. Ophthalmology. 2021 May 26. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。