m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

出生前アミノフェン曝露でASCとADHD発症率上昇

2021年6月21日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

出生前後のアセトアミノフェン曝露が後の自閉症スペクトラム症状(ASC)および注意欠如・多動症(ADHD)発症に及ぼす影響を検討するため、コホート研究のメタ解析を実施。欧州の出生・小児コホート6件の母子...

文献:Alemany S, et al. Prenatal and postnatal exposure to acetaminophen in relation to autism spectrum and attention-deficit and hyperactivity symptoms in childhood: Meta-analysis in six European population-based cohorts. Eur J Epidemiol. 2021 May 28. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。