m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新生児けいれんの早期投薬中止、脳発達への影響見られず

2021年6月23日  ソース:JAMA Neurol  カテゴリ: 小児科疾患神経内科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

急性症候性けいれんが発生した新生児303例を対象に、けいれん消失後の抗けいれん薬を退院前に中止した場合と退院まで継続した場合の転帰を有効性研究で比較。生後24カ月時点での脳機能の発達およびてんかんのリ...

文献:Glass HC, et al. Safety of Early Discontinuation of Antiseizure Medication After Acute Symptomatic Neonatal Seizures. JAMA Neurol. 2021 May 24. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。