m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

COVID-19肺炎、トファシチニブで死亡リスク低下

2021年6月24日  ソース:NEJM  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症投薬に関わる問題

ブラジルの15施設に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)肺炎で入院した患者289例を対象に、JAK阻害薬トファシチニブの有効性と安全性をプラセボ対照無作為化試験で検討。主要評価項目は、28日目...

文献:Guimar ães PO, et al. Tofacitinib in Patients Hospitalized with Covid-19 Pneumonia. N Engl J Med. 2021 Jun 16. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。