m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

閉経前のリスク低下卵管卵巣摘出で睡眠障害が増加

2021年7月10日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患精神科疾患産婦人科疾患

卵巣がんリスク低下のための卵管卵巣摘出術(RRSO)を受けた閉経前女性95例を対象に、術前後12カ月間の睡眠の質を前向き観察試験で検討。ピッツバーグ睡眠質問票を用いて評価し、卵巣摘出を受けていない同年...

文献:Hickey M, et al. What happens after menopause? (WHAM): A prospective controlled study of sleep quality up to 12 months after premenopausal risk-reducing salpingo-oophorectomy. Gynecol Oncol. 2021 Jun 8. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。