m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

固形がんの化学療法が腸内細菌叢に悪影響

2021年7月15日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患一般外科疾患投薬に関わる問題

オーストラリアで、固形がん患者19例(抗菌薬非投与)の糞便検体を用いて、骨髄抑制を伴う化学療法前後の腸内細菌叢の変化を調査。化学療法前、化学療法後7-12日目、治療の第1サイクル終了時の検体を解析した...

文献:Papanicolas LE, et al. Conventional myelosuppressive chemotherapy for non-haematological malignancy disrupts the intestinal microbiome. BMC Cancer. 2021; 21: 591.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。