m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

RAI治療抵抗性分化型甲状腺がん、カボザンチニブでPFS改善

2021年7月17日  ソース:Lancet Oncol  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

25カ国164施設で、放射性ヨウ素(RAI)治療抵抗性分化型甲状腺がん(DTC)患者187例を対象に、カボザンチニブの有効性を第III相無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検討(COSMIC-311試験...

文献:Brose MS, et al. Cabozantinib for radioiodine-refractory differentiated thyroid cancer (COSMIC-311): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2021 Jul 5. Online ahead of print.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。