m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

構音障害患者の脳信号から発話の読み取りに成功

2021年7月22日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患

脳幹梗塞による構音障害と痙性四肢麻痺がある患者1例で、大脳皮質活動から単語や文章を直接読み取るアプローチを試みた。発話を制御する感覚運動皮質領域の硬膜下に電極を埋め込み、患者が50語の語彙セットから個...

文献:Moses DA, et al. Neuroprosthesis for Decoding Speech in a Paralyzed Person with Anarthria. N Engl J Med. 2021; 385: 217-227.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。