m3.com トップ > 海外ジャーナル > アレルギー疾患

アレルギー疾患  海外ジャーナル

NEWアレルギー鼻炎新薬、P2で高い有効性確認2017/6/23

季節性アレルギー性鼻炎患者を対象に、新規プロスタグランジンD2受容体1拮抗薬ONO-4053の有効性...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

NEWステロイド恐怖症評価スコアの有用性に国家差2017/6/21

15カ国で登録された生後3カ月超のアトピー性皮膚炎患児およびその親1564例を対象に、副腎皮質ステロ...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患

春季カタルへのタクロリムスはIFN同等2017/6/16

平均11.1±5.2歳の春季カタル患者40例を対象に、タクロリムスとインターフェロン(IFN)α-2...

ソース:Cornea  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患アレルギー疾患

顆粒球の関与少ない喘息は「肺機能良好」2017/6/13

安定喘息患者240例を対象に、顆粒球の関与が乏しい喘息(paucigranulocytic喘息)の特...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

食物アレルギーへのAIT、脱感作効果高いが…2017/6/12

IgE依存性の食物アレルギーに対するアレルゲン免疫療法(AIT)の効果および安全性を、無作為化比較試...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

アトピーのdupilumab、長期効果確認2017/6/6

中等-重度アトピー性皮膚炎患者740例を対象に、副腎皮質ステロイド併用下でのモノクローナル抗体dup...

ソース:Lancet  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

表現型に基づく喘息ガイドラインを開発2017/6/1

喘息の臨床的表現型に対応した治療の普及を受け、チェコの呼吸器学会とアレルギー学会が表現型に基づく新た...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

ペニシリンアレルギー、申告の95%が実は陰性2017/5/31

入院患者へのペニシリンアレルギー検査が入院中の臨床経過に与える影響を、論文24件のシステマティックレ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患感染症一般内科疾患

難治喘息のリスクスコア作成2017/5/29

「problematicasthma(高度の治療でもコントロールできない難治性の喘息)」患者177例...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患呼吸器疾患

ネッタイシマカに3つのアレルゲン検出2017/5/22

蚊に感作性を示す喘息と鼻炎の両方あるいはどちらか1つを有する患者15例の血清試料と、ネッタイシマカの...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患一般内科疾患

アレルギー診断のSPT、感度は特異的IgE同等2017/5/15

10歳児529例を対象に、皮膚プリックテスト(SPT)と特異的IgE(sIgE)によるアレルギー診断...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患アレルギー疾患呼吸器疾患

皮膚軟化薬で小児の尿中パラベン上昇2017/5/11

デンマークの4-9歳小児845例を対象に、アトピー性皮膚炎、皮膚軟化薬の使用、フィラグリン(FLG)...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患腎・泌尿器疾患皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患

食物アレルギーに皮膚バリア遺伝子の多型が関連2017/5/2

生後12カ月の幼児722例において経口食物負荷試験および遺伝子型解析を実施し、皮膚バリア遺伝子SPI...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

生後早期のピーナッツで耐性獲得か2017/4/21

生後早期のピーナッツ摂取によるピーナッツ・アレルギーのリスク軽減効果をLearningEarlyAb...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患一般内科疾患

鼻茸ありCRSのPD-1発現が重症度と関連2017/4/7

鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(CRSwNP)患者21例、健常対照者21例を対象に、プログラム細胞死-1(P...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

ネズミ感作喘息、病害虫管理で改善せず2017/4/4

ネズミ感作および曝露がある5-17歳の喘息患者334例を対象に、殺鼠剤やワナの設置、アレルゲン防止寝...

ソース:JAMA  カテゴリ:呼吸器疾患感染症アレルギー疾患一般内科疾患

BP水疱形成にIL-5活性好酸球が寄与2017/4/3

末梢血好酸球とともに培養した正常ヒト皮膚切片を用いた水疱性類天疱瘡(BP)exvivoヒトモデルにお...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患一般内科疾患

乳児VD欠乏は食物アレルギーに関連せず【Allergy】2017/3/21

出生コホート(1074例)を用いて、生後6カ月間のビタミンD欠乏と1歳時の負荷試験に基づくIgE依存...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患アレルギー疾患

アトピーにイベルメクチンの可能性示唆【Allergy】2017/3/3

イベルメクチンの局所外用によるアレルギー性皮膚炎改善効果を、アトピー性皮膚炎マウスモデルを用いた細胞...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

アレルギー性疾患研究、多いのは?【Allergy】2017/2/28

アレルギー性疾患疫学研究の既発表システマティックレビュー421件の検討内容を包括的に検証。レビューの...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患一般内科疾患呼吸器疾患

花粉症の2年舌下免疫、鼻症状改善せず【JAMA】2017/2/24

中等-重度季節性アレルギー性鼻炎患者92例を対象に、2年間の花粉舌下錠免疫療法の効果を無作為化プラセ...

ソース:JAMA  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患眼科疾患アレルギー疾患一般内科疾患

昆虫毒のアレルゲン免疫療法は有効【Allergy】2017/2/20

昆虫毒アレルギーに対するアレルゲン免疫療法の効果および安全性をシステマティックレビューとメタ解析で検...

ソース:Allergy  カテゴリ:救急アレルギー疾患一般内科疾患

母乳の高n3 PUFAがアレルギーリスクに【Allergy】2017/2/16

豪MelbourneAtopyCohort研究に登録された小児の、母親の初乳試料194個を対象に、母...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患産婦人科疾患小児科疾患

SPT反応、慢性蠕虫感染との関連薄【Allergy】2017/2/14

ロシアの都市部と農村部の7-11歳の学童732例を対象に、蠕虫感染症とアレルギー反応の関連を検討(E...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患感染症皮膚疾患アレルギー疾患

アレ鼻炎の間接経費、直接費の3倍も【Allergy】2017/2/13

スペインのアレルギー専門施設受診アレルギー性鼻炎(AR)患者を対象に、AR治療にかかる直接費と間接費...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

アレ鼻炎、喘息合併で医療費倍増【Allergy】2017/2/10

フランスのアレルギー性喘息(AA)合併または非合併の通年性アレルギー性鼻炎(PAR)患者における医療...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

就学児のアレルギー反応は低炎症状態【Allergy】2017/2/3

小児喘息前向き研究(COPSAC2000)出生コホートを用いて生後6カ月時(214例)と7歳時(27...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患一般内科疾患

乳児期のカビ曝露で非アレルギー喘息1.8倍【Allergy】2017/1/16

スウェーデンの出生コホートに登録された小児3798人のデータから、乳児期のカビまたは湿気への曝露と1...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患呼吸器疾患

ピーナツアレルギーパッチ、5割に奏効2016/11/16

ピーナッツアレルギー患者74例(4-25歳)を対象に、ViaskinPeanut(VP)パッチを用い...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

OSAS伴う喘息がCPAPで改善2016/11/11

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を伴う喘息患者99例を対象に、持続的気道陽圧(CPAP)療法の喘...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:アレルギー疾患呼吸器疾患

農場曝露Tregと喘息リスクの関連判明2016/11/10

免疫系成熟期の農場曝露による制御性T細胞(Treg)仲介喘息予防効果の臨界期を、PASTURE/EF...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患アレルギー疾患

アナフィラキシー後自己注処方は9%2016/11/4

ベルギーにてアナフィラキシーで救急診療部(ED)を受診した成人100例を対象に、EAACIガイドライ...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:救急アレルギー疾患

アトピーのdupilumab、2件のP3で好成績2016/10/21

コントロール不良の中等-重度アトピー性皮膚炎患者1379例を対象に、モノクローナル抗体dupilum...

ソース:NEJM  カテゴリ:アレルギー疾患投薬に関わる問題皮膚疾患

カシューアレ診断にAna o 3が有用2016/10/14

カシューナッツアレルギーの小児42例と耐性の小児19例を対象に、Anao3特異的IgEのカシューナッ...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

鶏卵早期導入でアレルギーは減少するか2016/10/13

乳児へのアレルギー物質を含む食品の導入時期を評価した介入および観察研究146件を対象に、導入時期がア...

ソース:JAMA  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

喘息児のIgE情報取得にマイクロアレイ2016/10/11

スウェーデンの重症喘息患児71例を対象に、マイクロアレイ法によるアレルギー検査(Microtestお...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

HAE発作、尿路感染が誘発か2016/9/16

C1インヒビター欠損の遺伝性血管性浮腫(C1-INH-HAE)患者139例の尿サンプルを対象に、細菌...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:腎・泌尿器疾患アレルギー疾患血液疾患

マシテンタン、SScの新規指潰瘍防げず2016/5/25

指潰瘍を有する全身性硬化症(SSc)患者を対象に、マシテンタンによる新たな指潰瘍の発症抑制効果を無作...

ソース:JAMA  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患アレルギー疾患

強皮症へのトシリズマブ、肺活量低下少2016/5/23

進行性全身性強皮症成人患者87例を対象に、トシリズマブの有効性を第2相無作為化比較試験で検討(faS...

ソース:Lancet  カテゴリ:一般内科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

イエダニ免疫薬がアレルギー喘息に効果2016/5/17

吸入コルチコステロイド(ICS)でコントロール不良のアレルギー性喘息成人834人を対象に、イエダニア...

ソース:JAMA  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

アレルギー食の早期導入に有効性認めず2016/4/8

生後3カ月の完全母乳哺育児1162人を対象に、アレルギー食品(ピーナッツ、調理した卵、牛乳、ゴマ、白...

ソース:NEJM  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患

IgA腎症への免疫療法で腎機能低下防げず2015/12/24

IgA腎症患者162例を対象に、支持療法+免疫抑制療法の併用効果を非盲検無作為化試験で検証(STOP...

ソース:NEJM  カテゴリ:アレルギー疾患腎・泌尿器疾患

重度アトピーのdupilumab、重症度改善2015/10/20

局所療法でコントロール不十分な中-重度のアトピー性皮膚炎成人379人を対象に、IL-4/IL-13の...

ソース:Lancet  カテゴリ:投薬に関わる問題アレルギー疾患皮膚疾患

ARと中耳炎、6歳以上で関連2015/10/14

米国で小児の外来受診約15億件を対象に、年齢がアレルギー性鼻炎と滲出性中耳炎(OME)/耳管機能障害...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患小児科疾患

喘息増悪、LT拮抗薬単剤でも減2015/10/5

無作為化比較試験50件を対象に、青年および成人の喘息患者へのロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)治...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:投薬に関わる問題アレルギー疾患呼吸器疾患

SLE患者の妊娠転帰、リスク因子特定2015/7/7

非活動性または安定活動性の全身性エリテマトーデス(SLE)女性患者385人を対象に、妊娠転帰の予測因...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:内分泌・代謝疾患産婦人科疾患アレルギー疾患

喘息の大豆イソフラボン、症状改善せず2015/6/3

管理不良の喘息患者386人(12歳以上の小児と成人)を対象に、大豆イソフラボンサプリメントの効果を無...

ソース:JAMA  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

アレルゲン誘発喘息、新DNA酵素で抑制2015/5/28

アレルゲン誘発喘息の患者40人を対象に、転写因子GATA3のmRNAを不活化する新規DNA酵素SB0...

ソース:NEJM  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

ベーチェット病の apremilast、口腔潰瘍減2015/5/1

複数の口腔内潰瘍を有するベーチェット病患者111人を対象に、ホスホジエステラーゼ4阻害薬apremi...

ソース:NEJM  カテゴリ:アレルギー疾患リウマチ内分泌・代謝疾患

点眼NSAIDs、複数剤で局麻効果確認2015/4/30

健常成人10人を対象に、非ステロイド性抗炎症点眼薬ジクロフェナク/ketorolacのブランド薬によ...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:眼科疾患投薬に関わる問題アレルギー疾患