m3.com トップ > 海外ジャーナル > 小児科疾患

小児科疾患  海外ジャーナル

NEWカンナビジオール、レノックス・ガストー症候群の発作を減2018/2/22

抗てんかん薬抵抗性のレノックス・ガストー症候群患者171例を対象に14週間の無作為化二重盲検プラセボ...

ソース:Lancet  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患小児科疾患

超早産児のICS、神経発達障害増やさず2018/2/15

超早産児629例を対象に、気管支肺異形成症予防を目的とした吸入ステロイド薬(ICS)投与が神経発達に...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患産婦人科疾患小児科疾患

喘息増悪予測因子の3パターン特定、日本の全国的研究2018/2/8

致死的な増悪歴のある日本の喘息患者190例を対象とする前向き研究を基に、致死的増悪の予測因子をクラス...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

乳び尿に対するHIFU治療の有効性確認2018/2/7

乳び尿患者155例を対象に、新規の非侵襲的治療である高密度焦点式超音波(HIFU)治療の臨床的有効性...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:腎・泌尿器疾患感染症小児科疾患

1型糖尿病の65%が20歳以上、中国2018/2/7

糖尿病診療を行う中国の505施設で、2010-13年に1型糖尿病の新規診断を受けた患者5018例を対...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

花粉症の臨床指標、RCATだけで十分2018/2/6

アレルギー性鼻結膜炎に関する臨床試験の主要評価項目がRCAT(RhinitisControlAsse...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患

敗血症の診断はSIRS基準、死亡予測はqSOFAで2018/2/2

ICU以外の敗血症患者に対する簡易版臓器不全評価(qSOFA)と、全身性炎症反応症候群(SIRS)基...

ソース:Chest  カテゴリ:救急小児科疾患

カゼイン加水分解乳、1型糖尿病予防できず2018/2/2

1型糖尿病の遺伝的リスクが高い乳児2159例を対象に、カゼイン加水分解ミルクの1型糖尿病リスク抑制効...

ソース:JAMA  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

早産児の臍帯結紮、遅くてもリスク差なし2018/1/26

在胎30週未満で生まれた早産児1634例を対象に、臍帯結紮の分娩後60秒以降の遅延施行と10秒以内の...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患小児科疾患

広域抗菌薬で小児呼吸器感染症の転帰不良に2018/1/25

小児急性呼吸器感染症に対する広域抗菌薬と狭域抗菌薬の効果を比較する目的で、医師による臨床転帰を評価し...

ソース:JAMA  カテゴリ:小児科疾患投薬に関わる問題感染症呼吸器疾患

思春期皮膚疾患のQOL評価ツールの有用性2018/1/25

思春期の皮膚疾患患者50例への面接から18項目の質問票「T-QoL」を開発し、203例を対象に妥当性...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患

帝王切開と児の気管支過敏症が関連2018/1/25

母体の周産期因子と、出生児のアトピー性疾患有病率との関連を、9-11歳を19-24歳まで追跡して検証...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患産婦人科疾患小児科疾患呼吸器疾患

未熟児網膜症の重症度は硝子体手術後緑内障の危険因子2018/1/24

進行した未熟児網膜症で、水晶体温存硝子体手術を受けた270例401眼を対象に、術後の緑内障発症率と危...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:眼科疾患小児科疾患

エビとゴキブリはアレルギー的に同じ!? 交差反応性の可能性2018/1/23

中国南部の都市部と農村部の就学児1万861人を対象に、食物アレルギー有病率の違いを症例対照研究で検討...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患小児科疾患

甲状腺機能低下症が児の喘息リスクに2018/1/23

デンマークで1998-2007年に出生した単胎児59万5669例を対象に、妊婦の甲状腺機能低下症と産...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患産婦人科疾患小児科疾患アレルギー疾患内分泌・代謝疾患

抗ヒ薬無効の慢性蕁麻疹、CRPが有意に高値2018/1/17

慢性特発性蕁麻疹患者1253例を対象に、C反応性蛋白(CRP)高値の意義を後ろ向き解析で検証した。そ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患一般内科疾患

髄膜炎ワクチンMenB-FHbp、多様なB群株に免疫原性2018/1/16

2件の第III相試験から、青少年(10-18歳)3596例と若年成人(18-25歳)3304例を対象...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患感染症小児科疾患

新生児スクリーニング義務化で心臓死減2018/1/12

米国で2007-13年の出産および乳児死亡データ(出産2654万6503件)を基に、重篤な先天性心疾...

ソース:JAMA  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患循環器疾患

道路交通による大気汚染で低出生体重児が増加に2018/1/12

2006-10年にロンドンの環状高速道路M25内地域で誕生した正期産単生児54万365人を対象に、道...

ソース:BMJ  カテゴリ:産婦人科疾患その他小児科疾患

遺伝性出血性毛細血管拡張症、HHT1遺伝子で重症化2018/1/10

小児遺伝性出血性毛細血管拡張症(HHT)患者69例を対象に、遺伝子サブタイプ(HHT1およびHTT2...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他小児科疾患

小児喘息の有用なマーカーを特定2018/1/5

呼気中のエイコサノイドが小児喘息マーカーとして有用であることが、台湾の研究から分かった。研究グループ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

血友病Bの凝固活性をAAVベクターが維持2018/1/4

血友病B患者10例を対象に、生物工学によって作製されたキャプシド、肝臓特異的プロモーター、第IX因子...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患血液疾患

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測2018/1/4

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測するモデルを、オランダ・アムステルダム大学学術医療センターなど...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

咽頭弁形成術後の鼻ステント除去は当日に2017/12/29

咽頭弁形成術を受けた鼻咽腔閉鎖機能不全患児54例を対象に、外鼻矯正用ステントの除去をいつ行うべきかを...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他小児科疾患

鼻炎で小児喘息リスク4倍に2017/12/29

フィンランドで生後6カ月までに細気管支炎で入院した小児の長期転帰を研究。11-13歳の138例を追跡...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

アデノイド手術、電気焼灼術に優位性2017/12/28

アデノイド摘出術を受けた小児患者1065例を対象に、3つの術式での費用や合併症率などを後ろ向きコホー...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

アトピーの有病率、小児期から成人で変化なし2017/12/27

アトピー性皮膚炎の有病率は成長とともに変化をするのかを、縦断研究7件(対象1万3515例)のシステマ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患

花粉症に新エビデンス、皮下免疫療法で2017/12/27

花粉症患者56例を対象に、脱色重合したオオアワガエリ花粉抽出物による皮下アレルゲン免疫療法の有効性と...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患

ジカ流行以前の南米の小頭症数を検証2017/12/26

南米で、ジカウイルス感染症流行以前の2005-14年に報告された小頭症の症例552件から、小頭症有病...

ソース:BMJ  カテゴリ:産婦人科疾患感染症小児科疾患

STEC感染の原因は生の小麦粉の可能性、米国2017/12/25

米国で小麦粉に関連した志賀毒素産生性大腸菌(STEC)O121およびO26の集団感染発生状況を調査。...

ソース:NEJM  カテゴリ:消化器疾患救急感染症小児科疾患一般内科疾患

「雷雨喘息」発生時、救急医療の状況は?2017/12/22

2016年11月21日にオーストラリアで集団発生し、世界的に報道された「雷雨喘息」(花粉の大量飛散と...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患救急呼吸器疾患

マイクロRNAの胎児期治療が横隔膜ヘルニア抑制か2017/12/21

ニトロフェン誘発の先天性横隔膜ヘルニア(CDH)および肺低形成のラットモデルで、胎児期にマイクロRN...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:産婦人科疾患その他小児科疾患

筋ジス、長期ステロイド治療で進行抑制2017/12/20

デュシェンヌ型筋ジストロフィー男性患者440例を対象に、ステロイド薬(糖質コルチコイド)の長期効果を...

ソース:Lancet  カテゴリ:小児科疾患整形外科疾患神経内科疾患

患者意思決定ツールで治療選択の葛藤減2017/12/15

患者と医師の意思決定共有を目的としたツールが、患児家族の意思決定の葛藤に効果があるかどうか、無作為化...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:小児科疾患

肺炎球菌ワクチンは乳様突起炎を減らさず2017/12/14

2000-12年の米国小児入院患者データベースから、肺炎球菌ワクチンを接種後の小児に発生した急性乳様...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:呼吸器疾患感染症耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患

鼻炎と喘息の合併率、思春期後に男女差減少2017/12/11

小児のアレルギー疾患罹患率は女児に比べて男児で高いが、この差が思春期以降に変化するかは不明だ。今回、...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患アレルギー疾患一般内科疾患

SLE死亡率は女性、黒人、南部で高い―米国2017/12/7

米国の死亡データベースと国勢調査のデータから、全身性エリテマトーデス(SLE)死亡率の46年間の動向...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:リウマチ腎・泌尿器疾患小児科疾患内分泌・代謝疾患

小児1型糖尿病例でACRの改善薬を検討2017/12/6

尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)が高い(アルブミン排泄量が多い)10-16歳の1型糖尿病患者...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

ダウン症の股関節症状に寛骨臼形成不全などが関連2017/11/29

股関節症状を有するダウン症候群患者42例の骨盤CT画像を、年齢と性をマッチさせた対照群と比較。対照群...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:神経内科疾患整形外科疾患小児科疾患

重症喘息の気道病変、気道閉塞と関連2017/11/27

標準治療を行った重症喘息患者50例の気管支生検から、症状コントロールと気道閉塞に関連する可能性のある...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患アレルギー疾患呼吸器疾患

アレルゲン別の喘息プロテオーム解析2017/11/22

アレルゲン蛋白質、イソシアネート、溶接煙のそれぞれにより作業関連喘息を発症した患者および健常者の計8...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患アレルギー疾患

反復中耳炎への再手術、施行率は低め2017/11/16

両側鼓膜切開/鼓膜チューブ留置術(BMT)施行の反復性中耳炎(RAOM)小児患者600例を対象に、再...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患

13-16歳女児の自傷行為が急増、英国2017/11/15

英国の電子医療記録から2001-14年の10-19歳の自傷患者1万6912例を対象に、自傷行為の発生...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患小児科疾患

慢性副鼻腔炎の急性増悪に喘息が関与2017/11/6

喘息を伴う慢性副鼻腔炎(CRS)108例を対象に、副鼻腔炎の急性増悪と喘息コントロールの関連性を横断...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:呼吸器疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患

小児牛乳アレルギーに関与のmiRNAを同定2017/11/1

4-18カ月の小児(牛乳アレルギー患児10例、寛解した牛乳アレルギー患児9例、健常対照児11例)の末...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患一般内科疾患

アトピー予防のBCG接種、児の体質で効果に差2017/10/31

生後7日以内の新生児4004例を対象に、BCGワクチン接種のアトピー性皮膚炎(AD)リスク低下効果を...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患感染症小児科疾患一般内科疾患

妊娠中のマルチビタミンでASDリスク減2017/10/27

ストックホルムで1996-2007年出生児と母親27万3107組を対象に、妊娠中の栄養サプリメント摂...

ソース:BMJ  カテゴリ:産婦人科疾患小児科疾患

CALDの遺伝子治療、安全性と有効性を報告2017/10/26

早期大脳型副腎白質ジストロフィー(CALD)の男児17例を対象に、自家CD34+細胞にレンチウイルス...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患脳神経外科疾患神経内科疾患血液疾患

アフリカの小児死亡減、多くの国で遠い目標達成2017/10/26

アフリカ46カ国の家庭調査および国勢調査のデータを基に、5歳未満および新生児死亡率の分布を高解像度の...

ソース:Lancet  カテゴリ:その他小児科疾患

事前電話相談で受診数4割減、ただし電話は12倍2017/10/25

英国で受診前電話相談(telephonefirst)を導入した一般開業医147人を対象に、その効果を...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患一般外科疾患一般内科疾患