m3.com トップ > 海外ジャーナル > 皮膚疾患

皮膚疾患  海外ジャーナル

斑状乾癬へのセクキヌマブ、HLA-Cw6の有無を問わず有効2018/6/12

HLA-Cw6陽性または陰性で中等症ないし重症斑状乾癬患者434例を対象に、セクキヌマブの有効性およ...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患

小児移植患者、19年の追跡調査で皮膚癌認められず2018/6/8

小児移植患者45例(腎臓移植8例、肝臓移植37例)を対象に、移植後の皮膚癌や前癌病変の有病率および危...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:消化器疾患腎・泌尿器疾患皮膚疾患小児科疾患

静脈性下肢潰瘍への血管内焼灼、早期介入で潰瘍治癒促進2018/6/4

静脈性下腿潰瘍患者450例を対象に無作為化試験を実施。表在静脈に対する血管内焼灼術の早期介入の効果を...

ソース:NEJM  カテゴリ:皮膚疾患循環器疾患

ステージIII黒色腫、ペムブロリズマブでRFS改善2018/5/29

高リスクのステージIII悪性黒色腫患者1019例を対象に、ペムブロリズマブによる術後補助療法の有効性...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患

表皮水疱症の新規転帰評価ツール、信頼性は高い2018/5/15

表皮水疱症(EB)患者31例を対象に、臨床試験での使用を想定した新規臨床転帰評価ツールiscorEB...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

類天疱瘡、患者自己抗体が予後予測に有用2018/5/11

水疱性類天疱瘡患者143例を対象に前向き研究を実施し、血清中の自己抗体プロファイルと疾患経過の関連を...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

基底層増殖の日光角化症、iSCC隣接上皮で高頻度に発生2018/5/1

ドイツで浸潤有棘細胞癌(iSCC)の被覆および隣接上皮を対象に、日光角化症(AK)の基底層下方増殖の...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

手湿疹へのPUVA vs. ナローバンドUVB2018/4/23

局所ステロイド不応の手湿疹患者23例を対象に、ソラレン塗布+紫外線A(PUVA)療法とナローバンド紫...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患

重症アナフィラキシーの予測因子を特定2018/4/19

欧州11カ国122施設が参加するアナフィラキシー患者の登録データを用いて、重症アナフィラキシーの予測...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

食物アレルギーの重症度は予測不能か2018/4/12

食物負荷試験陽性の小児734例を対象に、アレルギー反応重症度の予測因子を特定し、その予測能を評価した...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患救急アレルギー疾患

特発性蕁麻疹の発症にエンテロトキシン特異的IgEが関与2018/4/10

慢性特発性蕁麻疹患者49例と健常対照15例を対象に、血清中の黄色ブドウ球菌エンテロトキシン特異的Ig...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

日光角化症治療薬、インゲノール vs. ジクロフェナク2018/4/10

顔面または頭皮の日光角化症患者を対象に、ジクロフェナクナトリウムゲル3%に対するインゲノールメブテー...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患

広範囲熱傷の生存患者、長期死亡率が高い2018/4/4

広範囲熱傷後の生存患者1965例と、年齢や性別などでマッチさせた非熱傷対照者8671例を対象に、熱傷...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:救急皮膚疾患一般外科疾患

重症類天疱瘡へのドキシサイクリン、費用対効果低い2018/4/3

水疱性類天疱瘡患者を対象に無作為化比較試験を実施し、ドキシサイクリンとプレドニゾロンによる初期治療の...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患投薬に関わる問題

アトピー性皮膚炎患者の手湿疹の有病率高い2018/3/29

アトピー性皮膚炎と手湿疹の関連を、26件の試験のシステマティックレビューとメタ解析で検討した。アトピ...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

皮膚T細胞リンパ腫の家族介護者への調査実施2018/3/26

死亡した皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)患者11例の家族介護者15人を対象に半構造化面接による定性的調...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

成人アトピー性皮膚炎、国・地域別の有病率2018/3/23

成人のアトピー性皮膚炎(AD)有病率を推定するため、ウェブベースの国際横断調査を実施した。ADの診断...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患

爪乾癬RCTの転帰指標にばらつき2018/3/22

爪乾癬の基本転帰指標(coreoutcomeset)作成の第1段階として、無作為化比較試験で用いられ...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

尋常性白斑患者の不安有病率、評価法で差2018/3/14

尋常性白斑患者を対象とした観察研究29件(患者2530例)のデータを基にシステマティックレビューとメ...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患精神科疾患

皮膚疾患症状の緩和に不安感受性改善が有効か2018/3/9

活動的皮膚疾患を有する患者237例(女性161例)を対象に、心理的危険因子のひとつ、社会的不安感受性...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:精神科疾患皮膚疾患

壊疽性膿皮症の新診断ツール「PARACELSUS」2018/3/8

下肢の壊疽性膿皮症60例と静脈性下腿潰瘍50例の病歴と画像をもとに新たな壊疽性膿皮症診断ツールが開発...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

喫煙者では化膿性汗腺炎リスクが約2倍2018/3/7

米国の喫煙者392万4310人と非喫煙者802万7790人を対象に、喫煙と化膿性汗腺炎の関連を後ろ向...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

乾癬治療のナローバンドUVB併用効果2018/3/6

中等症ないし重症尋常性乾癬患者30例を対象に、フマル酸エステル製剤(FAE)と併用した6週間のナロー...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

皮膚バリア低下で食物アレルギーが悪化2018/3/6

皮膚バリア機能が低下すると食物アレルギーが悪化するかどうかを卵白アルブミン経皮感作マウスを用いて検討...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

乾癬管理、患者主導で高い満足度2018/3/5

全身療法でコントロール良好な乾癬患者150例を対象に、年1回の診察以外は必要に応じて患者が自発的に受...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

帯状疱疹の疾病負荷が高い集団を特定2018/3/1

英国プライマリケアデータから取得した帯状疱疹の既往がない65歳以上の成人86万2470例のデータを用...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

guselkumab、日本人乾癬例でも有用性示す2018/2/27

中等症ないし重症尋常性乾癬の日本人患者24例を対象に、IL-23特異的モノクローナル抗体guselk...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

ダウン症患者は化膿性汗腺炎リスク高い2018/2/26

化膿性汗腺炎との関連を検討するため、ダウン症の1万1936例と非ダウン症の1681万3290例を対象...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患その他小児科疾患

黒色腫患者のQOL効用値、化学療法で最も低い2018/2/21

悪性黒色腫治療の医療経済的評価を目的として、統合データから推定QOL効用値を算出するため、33試験の...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

国際共同開発のIAD分類ツールを評価2018/2/15

13カ国34人の研究者が作成した失禁関連皮膚炎評価のためのGhent国際分類ツール(GLOBIAD)...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

乾癬に生物学的治療で長期的安定効果2018/2/13

生物学的治療に切り替えた中等-重症乾癬患者583例を対象に、治療切り替え後の長期的な転帰データを観察...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患投薬に関わる問題

蜂毒アレルギーの予測にIgEとIgG4が有用2018/2/9

蜂毒への無症候性感作者77例、急性全身アレルギー反応患者85例、蜂毒免疫療法(VIT)患者61例を対...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患救急皮膚疾患

質問票による成人アトピー疫学研究に課題2018/2/5

質問票ベースの診断基準を用いてアトピー性皮膚炎の既往と心血管・代謝疾患の関係を調査した。対象となった...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

思春期皮膚疾患のQOL評価ツールの有用性2018/1/25

思春期の皮膚疾患患者50例への面接から18項目の質問票「T-QoL」を開発し、203例を対象に妥当性...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患

エビとゴキブリはアレルギー的に同じ!? 交差反応性の可能性2018/1/23

中国南部の都市部と農村部の就学児1万861人を対象に、食物アレルギー有病率の違いを症例対照研究で検討...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患小児科疾患

アトピーは心血管疾患の危険因子にならず2018/1/22

13文献による定量メタ解析で、成人のアトピー性皮膚炎と心血管疾患および2型糖尿病などとの関連を検討し...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:循環器疾患皮膚疾患アレルギー疾患

酒さ患者には心理社会的サポートが必要2018/1/19

酒さ患者9例に半構造化面接を実施し、酒さの心理社会的影響を解釈学的および現象学的な分析で検証した。そ...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

先天性爪肥厚症の慢性疼痛は神経障害の可能性2018/1/17

慢性疼痛を伴うことの多い皮膚疾患である先天性爪肥厚症患者62例と対照45例で、病態生理解明を目的に疼...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患その他神経内科疾患

抗ヒ薬無効の慢性蕁麻疹、CRPが有意に高値2018/1/17

慢性特発性蕁麻疹患者1253例を対象に、C反応性蛋白(CRP)高値の意義を後ろ向き解析で検証した。そ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患一般内科疾患

後天性表皮水疱症診断の国際的コンセンサス2018/1/5

後天性表皮水疱症の国際的コンセンサスに基づいた臨床分類と診断基準作成のため、水疱性疾患の国際共同研究...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

白斑患者ではカタラーゼ活性が低下2018/1/5

白斑患者では、活性酸素を除去して細胞の酸化を防ぐ酵素カタラーゼの活性が低下していることが、インドの研...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

ざ瘡治療ガイドラインの質に改善の余地2018/1/4

2013年以降に発表された8つのざ瘡治療ガイドラインを対象に、ガイドライン評価ツールのAGREEII...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

ポルフィリン症で高い骨粗鬆症リスク2018/1/4

先天性光線過敏症の一種である骨髄性プロトポルフィリン症(EPP)では、骨粗鬆症や骨減少症のリスクが高...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測2018/1/4

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測するモデルを、オランダ・アムステルダム大学学術医療センターなど...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患

アスピリンの静脈性下腿潰瘍への効果認められず2017/12/29

静脈性下腿潰瘍患者251例を対象に、補助療法としての低用量アスピリンの効果をニュージーランドの多施設...

ソース:BMJ  カテゴリ:皮膚疾患

アトピーの有病率、小児期から成人で変化なし2017/12/27

アトピー性皮膚炎の有病率は成長とともに変化をするのかを、縦断研究7件(対象1万3515例)のシステマ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患

カルシフィラキス患者のQOLなどは研究不十分2017/12/25

難治性皮膚潰瘍を来す難病、カルシフィラキスの患者に対するQOL評価尺度や患者報告アウトカム指標、緩和...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:腎・泌尿器疾患皮膚疾患

乾癬のイキセキズマブ治療、重篤感染症は少ない2017/12/22

中等-重症の乾癬に対するイキセキズマブの7件の臨床試験を集計し、感染発生率を検証した。4209例にお...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患投薬に関わる問題

芳香成分パッチテストの推奨濃度を検証2017/12/21

英国の医療施設における連続4563例を対象に、「英国ベースラインパッチテストシリーズ」に追加された芳...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:アレルギー疾患検査に関わる問題皮膚疾患

乾癬の診断基準、高精度もメタ解析不能2017/12/7

成人および小児における乾癬の診断基準の作成または検証を主目的とした23研究を対象に、診断基準の感度お...

ソース:Br J Dermatol  カテゴリ:皮膚疾患