m3.com トップ > 海外ジャーナル > NEJM > 内分泌・代謝疾患

NEJMの内分泌・代謝疾患の 海外ジャーナル

1型DMにクローズドループシステムが有効2019/11/6

1型糖尿病患者168例を対象に、クローズドループ型インスリン注入システムの使用による血糖コントロール...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患一般内科疾患内分泌・代謝疾患

HFrEFにダパグリフロジン併用で心不全悪化と心血管死のリスク減2019/10/24

左室駆出率の低下した心不全(HFrEF)患者4744例を対象に、標準治療に加えたダパグリフロジンの効...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題循環器疾患内分泌・代謝疾患

安定CAD+糖尿病へのチカグレロル、心血管転帰改善も大出血増2019/10/1

心筋梗塞または脳卒中の既往歴がなく安定冠動脈疾患(CAD)を併発した2型糖尿病を有する患者1万922...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題循環器疾患

経口セマグルチド、心血管リスクはプラセボに非劣性2019/7/12

心血管リスクの高い2型糖尿病(DM)患者3183例を対象に、経口セマグルチドの心血管(CV)転帰を事...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題一般内科疾患内分泌・代謝疾患

1型糖尿病高リスク者のteplizumab、発症を遅らせる効果2019/7/10

1型糖尿病の発症リスクが高く、血縁者に1型糖尿病患者がいる患者76例(55例は18歳以下)を対象に、...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患投薬に関わる問題内分泌・代謝疾患

糖尿病高リスク者へのビタミンDで発症リスク低下せず2019/7/2

2型糖尿病高リスク者2423例を対象に、ビタミンD補給(ビタミンD34000IU/日)による糖尿病リ...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患

全身性強皮症によるILDへのニンテダニブ、FVC低下抑制2019/6/19

間質性肺疾患を伴う全身性強皮症(SSc-ILD)患者576例を対象に、ニンテダニブの効果および安全性...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患リウマチ内分泌・代謝疾患

胃バイパス術、青年患者で健康効果大きい2019/6/17

ルーワイ胃バイパス術を受けた思春期青年コホート(161例)と成人コホート(396例)を5年間追跡し、...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般外科疾患内分泌・代謝疾患

糖尿病性腎症へのカナグリフロジンで腎・心血管転帰改善2019/5/10

慢性腎臓病を合併した2型糖尿病患者4401例を対象に、カナグリフロジンの腎および心血管転帰にもたらす...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題腎・泌尿器疾患内分泌・代謝疾患

抗TPO抗体保有妊婦へのレボチロキシンで生産率改善せず2019/4/22

流産歴または不妊歴があり抗甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)抗体を有する甲状腺機能正常な女性940例を...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

低用量メトトレキサート、心血管イベント抑制せず2019/3/19

2型糖尿病またはメタボリックシンドロームを伴う心筋梗塞または多枝冠動脈疾患既往患者4786例を対象に...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題循環器疾患内分泌・代謝疾患

MUC5Bプロモーター変異、リウマチ関連間質性肺疾患リスクと関連2019/1/23

関節リウマチ(RA)関連間質性肺疾患(ILD)患者620例、ILDなしRA患者614例、非罹患対照者...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患リウマチ内分泌・代謝疾患

n-3脂肪酸摂取、糖尿病患者の心血管疾患リスク抑制せず2018/11/20

アテローム動脈硬化性心血管疾患を伴わない糖尿病患者1万5480例を対象に、n-3脂肪酸摂取の心血管疾...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患循環器疾患一般内科疾患

2-6歳時に肥満だと思春期の肥満リスク増2018/11/9

小児5万1505人を対象に、小児期(0-14歳)の体格指数(BMI)と思春期(15-18歳)の持続性...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

肥満治療薬lorcaserinで心血管イベント増加せず2018/10/17

アテローム動脈硬化性心血管疾患または複数の心血管危険因子を有する過体重または肥満患者1万218例を対...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題循環器疾患内分泌・代謝疾患

DM患者にアスピリン、CVイベント抑制も大出血増2018/10/9

明らかな心血管疾患のない糖尿病(DM)患者1万5480例を対象に、アスピリンの心血管(CV)イベント...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題内分泌・代謝疾患循環器疾患

2型DMの死亡リスク、5つの危険因子がカギ2018/10/1

スウェーデンで2型糖尿病(DM)患者約27万例および年齢、性別などでマッチさせた対照者約136万例を...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患内分泌・代謝疾患循環器疾患

禁煙の利点、体重増加しても損なわれず2018/9/25

米国のコホート研究3件の登録例を対象に、禁煙後の体重増加で禁煙による健康上の利点が損なわれるかどうか...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患内分泌・代謝疾患循環器疾患

コペプチン値による尿崩症診断、水制限試験よりも高精度2018/9/11

高張食塩水負荷試験で測定した血漿コペプチン値に基づく尿崩症診断の精度を従来の水制限試験と比較すべく、...

ソース:NEJM  カテゴリ:腎・泌尿器疾患血液疾患内分泌・代謝疾患検査に関わる問題

人工膵臓、入院中2型糖尿病患者の血糖管理に有用2018/8/10

一般病棟に入院中の皮下インスリン注入を要する2型糖尿病患者136例を対象に、クローズドループ型インス...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患内分泌・代謝疾患

小児DKAへの輸液、NaCl濃度と注入速度の違いは予後に影響なし2018/8/2

糖尿病ケトアシドーシス(DKA)を発症した患児1255例(DKAエピソード1389件)を対象に、静脈...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

小児期の肥満、早期改善で2型糖尿病リスク回避2018/5/14

デンマークの男性約6万人を対象に、成人早期までに肥満(過体重)を解消することによる2型糖尿病リスク低...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

フェブキソスタットの心血管転帰、既存薬に非劣性2018/4/26

心血管疾患のある痛風患者6190例を対象に、新規尿酸生成抑制薬フェブキソスタットと既存の同種薬アロプ...

ソース:NEJM  カテゴリ:整形外科疾患一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

小児1型糖尿病例でACRの改善薬を検討2017/12/6

尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)が高い(アルブミン排泄量が多い)10-16歳の1型糖尿病患者...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

エキセナチド上乗せの心血管死抑制効果「認めず」2017/10/18

2型糖尿病患者1万4752例(心血管疾患既往率73.1%)を対象に、持続性エキセナチド(2mg週1回...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

T1DMへのsotagliflozin上乗せが血糖管理に効果2017/10/13

インスリン投与中の1型糖尿病(T1DM)患者1402例を対象に、SGLT1および2阻害薬sotagl...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患

CETP阻害薬がイベント抑制、HDLは大幅上昇2017/9/11

強化スタチン療法を受けているアテローム硬化性血管疾患成人患者3万449例を対象に、CETP阻害薬an...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

高BMI、世界400万人の死亡に関連2017/8/4

195カ国6850万人のデータから、1980-2015年の過体重および肥満の有病率の動向を検証。同時...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患小児科疾患内分泌・代謝疾患

デグルデクの心血管安全性を確認2017/7/27

2型糖尿病患者7637例を対象に、基礎インスリンであるインスリンデグルデクの心血管安全性をインスリン...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患一般内科疾患内分泌・代謝疾患

カナグリフロジン、下肢切断でリスク増2017/7/24

心血管病高リスクの2型糖尿病患者1万142例を対象とした2件の臨床試験(CANVAS、CANVAS-...

ソース:NEJM  カテゴリ:整形外科疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患神経内科疾患

ANGPTL3阻害薬で空腹時TGが減少2017/7/4

DiscovEHRヒト遺伝学研究の参加者などを対象に、ANGPTL3遺伝子の機能喪失変異体とアテロー...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

核酸医薬が動脈硬化の進行を抑制2017/7/3

アンジオポエチン様タンパク質3をコードするANGPTL3のmRNAを標的としたアンチセンスオリゴヌク...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

甲状腺眼症へのteprotumumabが7割に効果2017/6/6

中等-重症の甲状腺眼症患者88例を対象に、抗インスリン様成長因子I受容体抗体teprotumumab...

ソース:NEJM  カテゴリ:眼科疾患内分泌・代謝疾患

高TG血症を生じる自己抗体発見2017/5/16

高トリグリセライド血症(高TG血症)の血漿試料を用いて、高TG血症を引き起こすGPIHBP1自己抗体...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患一般内科疾患内分泌・代謝疾患

高齢甲状腺機能低下にレボチロは無効2017/5/11

65歳以上の潜在性甲状腺機能低下症患者737例を対象に、高齢患者におけるレボチロキシンの臨床効果を無...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患

体重変動が冠疾患の転帰に悪影響2017/5/9

冠動脈疾患患者9509例を対象に、体重変動が転帰に及ぼす影響を検証。リスク因子を調整して解析したとこ...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

スタチン中CVDにエボロクマブ有効2017/4/28

スタチン治療中のアテローム動脈硬化性心血管疾患(CVD)患者2万7564例を対象に、抗PCSK9モノ...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患循環器疾患

Bococizumabで抗薬物抗体発現高2017/4/27

脂質異常症患者4300例を対象に、抗PCSK9抗体bococizumabの効果の変動性および持続性を...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患循環器疾患

Bococizumab、高リスクではCVイベント抑制2017/4/26

心血管リスクのある患者2万7438例を対象に、PCSK9阻害薬bococizumabの心血管イベント...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患循環器疾患

InclisiranがLDL-CとPCSK9を抑制2017/4/25

LDL-C上昇を伴う心血管疾患高リスク患者501例を対象に、RNA干渉薬inclisiranの効果を...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患内分泌・代謝疾患循環器疾患

レボチロキシンで児のIQ改善せず2017/3/29

潜在性甲状腺機能低下症または低サイロキシン血症を呈する妊娠20週未満の単胎妊娠女性1203例を対象に...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患小児科疾患産婦人科疾患

肥満DM、薬物+肥満術で血糖改善【NEJM】2017/3/13

BMIが27-43の2型糖尿病患者134例を対象に、薬物療法単独と薬物療法+肥満手術併用の長期転帰を...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般外科疾患内分泌・代謝疾患

重症患児への厳格血糖管理は「無益」【NEJM】2017/2/21

心臓手術患者を除く高血糖の重症小児患者713例を対象に、厳格な血糖管理の効果を多施設研究で検証(HA...

ソース:NEJM  カテゴリ:救急小児科疾患内分泌・代謝疾患

新RNA干渉薬がPCSK9とLDL抑制2016/12/6

LDLコレステロール(LDL-C)低下を目指した新規長時間作用型RNA干渉薬inclisiranの第...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

予防接種時のFH検査、実行可能性あり2016/11/21

1-2歳の児1万95人とその親を対象に、予防接種時にプライマリケア診療所で行う親子同時家族性高コレス...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患小児科疾患

糖尿病へのsemaglutideでCVDリスク減2016/10/5

心血管リスクの高い2型糖尿病患者3297例を対象に、標準的な糖尿病治療に加えた週1回のグルカゴン様ペ...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

骨粗へのromosozumabが椎体骨折を予防2016/10/5

閉経後の骨粗鬆症女性7180例を対象に、月1回12カ月間スクレロスチン結合モノクローナル抗体romo...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患整形外科疾患一般内科疾患

T1DM妊婦の管理がクローズドループで良好2016/9/2

1型糖尿病の妊娠女性16例を対象に、クローズドループ自動インスリン送達システムの夜間使用による血糖コ...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患産婦人科疾患

FDのシャペロン療法、効果認めず2016/8/29

変異型αガラクトシダーゼ(α-GAL)のアッセイにより分類した67例のファブリー病患者を対象に、薬理...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患内分泌・代謝疾患小児科疾患

エンパグリフロジンが腎機能悪化を抑制2016/7/1

推定糸球体濾過量が30mL/分/1.73m2以上の2型糖尿病患者6185例を対象に、SGLT2阻害薬...

ソース:NEJM  カテゴリ:腎・泌尿器疾患循環器疾患内分泌・代謝疾患