m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg > 一般内科疾患

Ann Surgの一般内科疾患の 海外ジャーナル

外科研修医の半数がセクハラ被害経験2019/5/8

一般外科研修プログラムの研修医を対象に無記名式電子アンケートを配布して、研修中のセクシャル・ハラスメ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患一般内科疾患精神科疾患

世界の脳卒中生涯リスク比較、東アジアが最も高い2019/1/29

世界の疾病負担研究(GBD)2016のデータを基に、脳卒中の生涯リスクを推定した。その結果、世界での...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患一般内科疾患

重度肥満患者の全死亡リスク関連因子2018/4/20

BMI35以上の重度肥満患者18万7061例を対象に、全死亡リスクと関連する因子を症例対照解析で検討...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患内分泌・代謝疾患消化器疾患

サルコペニア肥満の肝癌再発リスク、京都大研究2017/11/28

京都大学の研究グループは、肝切除術を施行した肝細胞癌(HCC)患者465例を対象に、サルコペニア肥満...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患消化器疾患

EPA添加で食道切除後の回復は改善せず2017/9/6

食道切除患者191例を対象に、経腸栄養へのエイコサペンタエン酸(EPA)添加による回復改善効果を無作...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患消化器疾患

外科インターンが脱落しづらい有意な要因2017/8/17

米国及びカナダの外科インターン836人を8年間追跡し、研修脱落の要因を調査。研修未修了率は20%で、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患一般内科疾患

便失禁に自己筋芽細胞注入で奏効6割2017/5/25

便失禁患者24例を対象に、自己筋芽細胞(AM)を括約筋内注入する効果を第2相試験で検証(MIAS試験...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他消化器疾患一般内科疾患

術後オピオイド過量投与で入院死亡多2016/8/26

2002-11年に米国で待期的大手術を受けた入院患者1131万7958人を対象に、病院内での術後オピ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患一般内科疾患精神科疾患

有意差ないRCT論文、7%で表題に曲解2016/6/22

インパクトの高い外科専門ジャーナル10誌に発表された、主要評価項目に統計学的有意差がない無作為化比較...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患

子持ち研修医「仕事に喜び感じる」2012/9/14

米国で一般外科研修医を対象とした横断的調査(回答者4402人、回答率82.4%)を基に、結婚と子が仕...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患その他

抗菌縫合糸、SSIリスク減らさず2012/4/6

無作為化比較試験7件(総参加者数836人)を対象に、トリクロサンでコーティングした抗菌縫合糸の手術部...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患整形外科疾患一般内科疾患

合併症説明に「しばしば」は禁句2012/1/31

外科医48人と一般人582人を対象に質問表を用いた医療面接をスイスで実施し、半定量的用語(しばしば、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:整形外科疾患一般外科疾患一般内科疾患

2型糖尿病肥満患者へのルー・ワイ胃バイパス術、大幅な減量効果2011/10/12

2型糖尿病肥満患者を対象に、内科的管理(NSC)、十二指腸スイッチ術(DS)、腹腔鏡下調節性胃バンデ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

手術合併症予防プロジェクトの遵守率、感染率に関連せず、米国調査2011/8/15

112施設、手術6万853件を対象に、手術合併症予防プロジェクト(SCIP)による手術部位感染(SS...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症一般外科疾患一般内科疾患

手術部位感染根治プログラム、感染率を有意に抑制2011/8/15

大学付属医療施設で開始した手術部位感染(SSI)根治プログラムの効果を、創傷患者(手術4160件)の...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患感染症

ジャーナル
から探す