m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg > 脳神経外科疾患

Ann Surgの脳神経外科疾患の 海外ジャーナル

世界の脳卒中生涯リスク比較、東アジアが最も高い2019/1/29

世界の疾病負担研究(GBD)2016のデータを基に、脳卒中の生涯リスクを推定した。その結果、世界での...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患一般内科疾患

β遮断薬で外傷性脳損傷の転帰改善か2017/6/28

外傷性脳損傷(TBI)後におけるβ遮断薬使用が転帰に与える影響を、9試験(対象8245例)のシステマ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:救急脳神経外科疾患

EPOの2回投与でTBIの死亡減【Ann Surg】2017/3/2

集中治療室の中等度から重度外傷性脳損傷(TBI)患者を対象にした無作為化試験結果を事後解析し、エリス...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:救急脳神経外科疾患

炎症性指標が頸動脈術後認知障害を予測2016/8/15

血行再建術(ステント留置術または内膜剥離術)を受けた頸動脈閉塞症患者98例を対象に、術後1カ月および...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患一般外科疾患

脳死後SNOHb維持、臓器機能を保全2013/2/6

ブタ脳死モデルを用いて、ニトロシル化剤でのS-ニトロソヘモグロビン(SNOHb)増強が脳死後の生理学...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:救急脳神経外科疾患一般外科疾患

AD原因「手術による神経炎症」2012/9/14

アルツハイマー病のトリプル・トランスジェニック(3xTgAD)およびC57BL/6野生型のマウスを用...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患精神科疾患神経内科疾患

手術ミス時、延命中止に消極的2012/5/21

米国で日常的に高難度手術を行う外科医2100人を対象に、予後不良患者への生命維持治療中止決定に影響す...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患救急一般外科疾患

術後の陰圧閉鎖、効果なし2012/5/11

複数の併存疾患を有する高リスク患者81人を対象に、陰圧閉鎖療法(NPWT)の手術創閉鎖効果を無作為化...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患一般外科疾患整形外科疾患

術中輸血10%増で死亡0.7%減2012/3/2

米国の122の病院において、非心臓手術中に500mL以上の出血があった65歳以上の患者4万6608人...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患脳神経外科疾患整形外科疾患

術前消毒、やはりポビドンヨード?2012/2/22

手術患者1005人を対象に、ポビドンヨードアルコールの術前皮膚消毒の効果を観察研究で評価。消毒後切開...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患脳神経外科疾患整形外科疾患

心臓手術前のアスピリン投与、術後の有害転帰の低下と関連2011/10/21

心臓手術を受けた患者2868人を対象に、術後転帰に及ぼす術前のアスピリン投与の影響を観察コホート研究...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:循環器疾患一般外科疾患脳神経外科疾患

外科領域におけるフェローとレジデント、お互いに否定的な影響を与えず、米国調査2011/8/3

専門研修医(フェロー)と一般外科研修医(レジデント)が同じ医療現場で勤務しても、レジデントの外科手術...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患脳神経外科疾患消化器疾患

ジャーナル
から探す