m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg > 産婦人科疾患

Ann Surgの産婦人科疾患の 海外ジャーナル

BRCA1変異乳癌への乳房温存、切除と予後に差なし2018/6/19

オランダで50歳未満の浸潤性乳癌女性患者(BRCA1変異保因者191例、BRCA2変異保因者70例、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患産婦人科疾患

乳癌切除の判断に担当医が大きな影響2018/3/27

高齢限局性乳癌患者2万9358例を対象に、外科担当医および医療施設が乳房切除術施行率に及ぼす影響を後...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患産婦人科疾患

マイクロRNAの胎児期治療が横隔膜ヘルニア抑制か2017/12/21

ニトロフェン誘発の先天性横隔膜ヘルニア(CDH)および肺低形成のラットモデルで、胎児期にマイクロRN...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:小児科疾患その他産婦人科疾患

鼠径ヘルニア術は男性の妊孕性に影響せず2017/8/31

デンマークの5つの登録簿から鼠径ヘルニア修復術を受けた男性患者3万2621例を抽出し、傾向をマッチさ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患産婦人科疾患腎・泌尿器疾患

乳癌断端評価、凍結切片と細胞診が高【Ann Surg】2017/2/13

乳癌術中の断端評価法の診断精度を、臨床試験35件のメタ解析で検証。統合感度、統合特異度、受信者動作特...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患産婦人科疾患

妊娠時非産科手術のリスクは一般に低い2016/9/30

妊娠648万6280件のデータを基に、非産科手術による児の有害転帰リスクを後ろ向きコホート研究で推定...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患小児科疾患産婦人科疾患

予防的両側乳房切除、合併多も満足高2016/7/28

両側乳房再建術後の罹病率および患者報告転帰を前向きコホート研究で検証。対象は片側乳癌により再建術を伴...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:産婦人科疾患

乳房部分切除、周辺追加も費用に差ない2016/7/12

ステージ0-III乳癌に対する乳房部分切除実施女性235例を対象に、周囲組織追加切除(shave群)...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患産婦人科疾患

乳房全摘、ドレーン処置で大差2013/4/2

乳房全摘または腋窩リンパ節郭清の施術後の患者100人を対象に、クロルヘキシジン+次亜塩素酸によるドレ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:産婦人科疾患一般外科疾患

乳癌微小転移、腋窩郭清必要?2012/3/19

乳癌手術患者753人を対象に、センチネルリンパ節凍結切片の術中診断の有効性を検討。転移検出感度はマク...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:産婦人科疾患一般外科疾患

乳房再建時にリンパ節移植も2012/1/17

乳房切除後の乳癌患者87人を対象に、リンパ浮腫がある9人に乳房再建とリンパ節移植を同時に、ない78人...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患産婦人科疾患

乳癌リンパ節転移診断へのOSNA法、微小転移検出に優れる2011/10/14

乳癌患者279人を対象に、センチネルリンパ節転移の術中診断と病期分類の方法として、Wholenode...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:検査に関わる問題産婦人科疾患一般外科疾患

ジャーナル
から探す