m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg > 感染症

Ann Surgの感染症の 海外ジャーナル

HIV感染者の癌、2030年には前立腺癌と肺癌が高頻度に2018/6/13

米国でHIVと共に生きる人々(PLWH)の2030年までの癌リスクを記述的研究で予測した。その結果、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症腎・泌尿器疾患血液疾患呼吸器疾患

早期警告スコアの術後有害事象予測能2018/2/20

病状悪化の早期警告スコア3種(eCART:electroniccardiacarrestrisktr...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他一般外科疾患感染症

胆管への二重リング創縁保護でSSI半減2018/1/31

胆管ステントを留置した膵頭十二指腸切除術施行患者107例を対象に、創縁保護用二重リング・プロテクター...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症消化器疾患その他

クローン病の術前経口抗菌薬投与は有効、兵庫医大(2017/11/24訂正)2017/11/22

兵庫医科大学で、開腹による腸切除予定のクローン病患者335例(機械的腸管前処置済み)を対象に、術前の...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患感染症その他

虫垂炎のSSI、抗菌スペクトルで差なし2017/8/25

単純性虫垂炎の小児1389例を対象に、手術部位感染(SSI)並びに再来院の抑制における広域抗生物質(...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患感染症小児科疾患その他

針刺し事故リスクへの意識が変化?2017/3/27

大学病院の医学生(358人)および外科職員(247人)を対象に、針刺し事故に関するアンケートを実施。...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患その他感染症

術後腔内感染予測、PCTとCRP差なし2016/8/22

待機的大腸手術後の腹腔内感染症(IAI)の早期診断におけるプロカルシトニン(PCT)とC反応性タンパ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患感染症

熱傷後敗血症マーカーに好中球機能不全2016/6/20

体表面積15%以上の熱傷患者63例を対象に、熱傷後の好中球機能不全と敗血症の関連を前向き観察コホート...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患救急感染症

布製手術着の細菌、不織布製の4倍2013/9/25

外科手術スタッフ102人を対象に、手術用手袋および手術着に関連する術中細菌汚染リスクを検証。手術着の...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他感染症一般外科疾患

SSI発症と術中体温は関連せず2013/9/10

大腸手術施行患者1008人を対象に、麻酔情報システムによる術中体温の測定と手術部位感染(SSI)の関...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症消化器疾患一般外科疾患

IAP経口投与で抗菌薬腸炎を予防2013/4/25

ウシ腸由来のアルカリホスファターゼ(IAP)経口投与による抗菌薬関連の細菌感染症の予防効果を、マウス...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題感染症消化器疾患

C.difficile手術、80歳で死亡9倍2013/3/12

米国の手術評価システムACS-NSQIPから、クロストリジウム・ディフィシル(C.difficile...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症消化器疾患一般外科疾患

虫垂炎腹腔鏡下術、単孔式も同等2012/12/27

急性虫垂炎患者224人を対象に、単孔式腹腔鏡下虫垂切除術(SPLA)と従来の腹腔鏡下虫垂切除術(CL...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症消化器疾患一般外科疾患

HBV再活性化、生存率下げる2012/8/10

B型肝炎ウイルス(HBV)DNA量が2000IU/mL未満の肝細胞癌患者を対象に、肝部分切除後の転帰...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症消化器疾患

虫垂切除術、遅延でSSI率上昇2012/8/3

虫垂切除術を受けた患者4108人を対象に、入院から手術までの時間と虫垂穿孔および手術部位感染(SSI...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症一般外科疾患消化器疾患

バンコマイシン、MSSA予防せず2012/7/27

オーストラリアの清潔手術2万2549例の調査データを対象に、抗菌薬の予防投与と手術部位感染(SSI)...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症一般外科疾患整形外科疾患

癌の術前ケモはSSI予測因子2011/12/9

癌の待機的手術患者503人を対象に、手術部位感染(SSI)予測因子の特定とリスク層別化ツールRisk...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症一般外科疾患

緑膿菌感染および非感染マウスのモルヒネ持続曝露、致死の病原性発現の可能性2011/10/18

緑膿菌感染・非感染マウスを対象に、緑膿菌の病原性発現へのモルヒネの関与を検証。モルヒネ徐放性製剤のペ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患感染症

手術合併症予防プロジェクトの遵守率、感染率に関連せず、米国調査2011/8/15

112施設、手術6万853件を対象に、手術合併症予防プロジェクト(SCIP)による手術部位感染(SS...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:感染症一般外科疾患一般内科疾患

手術部位感染根治プログラム、感染率を有意に抑制2011/8/15

大学付属医療施設で開始した手術部位感染(SSI)根治プログラムの効果を、創傷患者(手術4160件)の...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患感染症

ジャーナル
から探す