m3.com トップ > 海外ジャーナル > Surg Endosc > 検査に関わる問題

Surg Endoscの検査に関わる問題の 海外ジャーナル

胃粘膜下腫瘍のCH-EUS、従来EUSより悪性識別能良好2020/5/21

胃粘膜下腫瘍(SMT)に用いる造影ハーモニック超音波内視鏡検査(CH-EUS)の悪性識別精度を検討す...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他検査に関わる問題

生検精度、スタイレットの有無で変わらず2018/5/9

消化管近傍に充実性病変を有する患者114例を対象に、超音波内視鏡下での組織採取時に25ゲージのコア生...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:検査に関わる問題消化器疾患その他

上部消化管内視鏡の病変検出率、前投薬で改善せず2018/5/8

上部消化管内視鏡検査を実施する患者7200例を対象に無作為化二重盲検試験を実施。プロナーゼ、シメチコ...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他検査に関わる問題

胆膵内視鏡Spyglass DSは有用2018/4/24

1人で操作可能なSpyGlassDSを用いて胆膵内視鏡検査を実施した206例のデータを基に、同システ...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患検査に関わる問題

膵嚢胞のリスク層別化に優れる超音波内視鏡2018/2/13

膵嚢胞性病変のリスク層別化における超音波内視鏡検査(EUS)の有用性を、施行患者125例の後ろ向きレ...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他検査に関わる問題消化器疾患