m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ophthalmology > 検査に関わる問題

Ophthalmologyの検査に関わる問題の 海外ジャーナル

眼感染症を検出する「Direct Strip PCR」の診断精度良好2020/10/17

DNA精製操作を要さず20μLの検体から短時間(処置時間1分、検査時間33分)でぶどう膜炎の病原体9...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:検査に関わる問題眼科疾患

円錐角膜に用いるIOL用度数計算式9種を比較2020/5/18

円錐角膜患者147例147眼を対象に、眼内レンズ(IOL)度数決定計算式(Holladay2式および...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:検査に関わる問題眼科疾患

眼科遠隔医療TECSの疾患検出精度、OCT追加で改善せず2019/12/11

米国で眼疾患既往のない患者256例を対象に、眼科遠隔医療サービスTECS(Technology-ba...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:検査に関わる問題眼科疾患その他

強度近視眼のpRNFL厚は経時的に減少2018/10/24

韓国で眼疾患のない強度近視80眼と対照の正常眼80眼を対象に、視神経乳頭周囲網膜神経線維層(pRNF...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:眼科疾患検査に関わる問題

網膜SD-OCT測定値、アルツハイマー病と関連2018/10/3

網膜のスペクトラルドメイン光干渉断層計(SD-OCT)測定値とアルツハイマー病(AD)および軽度認知...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:検査に関わる問題神経内科疾患眼科疾患

シャインプルーフとOCT併用で円錐角膜識別2018/9/3

重度非対称円錐角膜(AKC)患者30例の臨床的非罹患眼30眼と健常対照者60例60眼を対象に、シャイ...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:その他眼科疾患検査に関わる問題

緑内障検査、視野欠損検出の鍵は頻度2017/3/31

緑内障患者665例(1072眼)を対象に、視野欠損の進行検出に必要な検査頻度を観察的コホート研究で検...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:眼科疾患検査に関わる問題

遠隔医療で眼科医に近い診断は可能【Ophthalmology】2017/1/30

米ジョージア州の5施設が実施した眼科遠隔医療プログラムTECS(Technology-BasedEy...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:その他検査に関わる問題眼科疾患