m3.com トップ > 海外ジャーナル > J Bone Joint Surg Am > 小児科疾患

J Bone Joint Surg Amの小児科疾患の 海外ジャーナル

脳性麻痺への上肢手術で手指動作が改善2018/10/9

20歳以下の脳性麻痺患者39例を対象に、上肢手術による手指動作への効果をコホート研究で検討した。その...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:小児科疾患整形外科疾患一般外科疾患神経内科疾患

内反足再発のPonseti法、成功率74%2018/8/17

ギプス矯正治療後に再発した特発性内反足患者35例と非再発患者を対象に、Ponseti法による再ギプス...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:整形外科疾患小児科疾患

側弯症の装具療法と外科治療で成人期QOLが向上2018/7/5

小児期または思春期に特発性側弯症と診断された成人患者1187例を対象に、装具療法と外科治療の効果を検...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:その他整形外科疾患小児科疾患

尖足歩行、10歳までに約8割が自然に改善2018/6/6

スウェーデンで健康な5.5歳の小児1401人のコホートから抽出した尖足歩行歴のある小児63人を対象に...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:小児科疾患整形外科疾患

脳性麻痺への脊椎固定術、健康関連QOLを大幅に改善2018/5/14

国際共同データベースに登録された追跡期間5年間以上の脳性麻痺患者69例を対象に、脊椎固定術のQOL改...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:小児科疾患

VCMパウダー創内散布で側弯矯正術後の感染リスク低下2018/5/9

脊椎の成長に合わせて固定器具を伸ばす脊柱矯正手術を複数回受けた早期発症側弯症患者36例(手術計191...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:投薬に関わる問題整形外科疾患小児科疾患

ダウン症の股関節症状に寛骨臼形成不全などが関連2017/11/29

股関節症状を有するダウン症候群患者42例の骨盤CT画像を、年齢と性をマッチさせた対照群と比較。対照群...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患小児科疾患

早期発症側弯症、成長温存で肺機能維持2017/8/10

成長温存管理(growth-sparingmanagement)を受けた早期発症側弯症患者12例を対...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:整形外科疾患一般外科疾患小児科疾患

思春期側弯症、胸椎カーブは装具矯正効果低い2017/7/27

思春期特発性側弯症患者168例を対象に、弯曲形態による胸腰仙椎装具の矯正効果の違いを検討した。装具装...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:整形外科疾患小児科疾患

ACL損傷児の再損傷率3割、早い競技復帰がリスクに2017/7/14

自己グラフトによる初回前十字靱帯(ACL)再建術を受けた小児85例を対象に、ACL再損傷(グラフトま...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:整形外科疾患小児科疾患一般外科疾患

新生児脱臼、受動外旋角度が検出に有用2017/6/15

新生児腕神経叢麻痺(BPBP)患者66例の超音波スクリーニング所見を基に、肩関節後方脱臼の有病率と検...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:産婦人科疾患整形外科疾患小児科疾患

LCPの同時骨切り術、転帰改善効果なし【JBJS】2017/3/9

骨盤および大腿骨の同時骨切り術を受けたレッグ・カルベ・ぺルテス(LCP)病小児患者52例を対象に、術...

ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ:整形外科疾患小児科疾患