m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg

Ann Surg  海外ジャーナル

術前の抗菌薬注入タイミングがSSI発生と関連2018/10/17

米国で外科的介入を受けた入院患者4万6791例を対象に、外科切開前の抗菌薬注入時間が手術部位感染(S...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題一般外科疾患

大腸癌の全結腸間膜切除、3年転帰良好2018/10/9

大腸癌の根治的切除術を施行した患者330例を対象に、全結腸間膜切除術(CME)の腫瘍学的転帰を前向き...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

緊急手術後のリスク予測に新アルゴリズムが有望2018/10/5

2007-13年の米国外科学会手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)データベースから抽出した緊...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:救急一般外科疾患

術後ケアに遠隔医療、患者満足度高い2018/10/4

大学病院で腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂切除術、ヘルニア修復術などの急性疾患の手術を受けた成人患者233例...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患その他

2型DMへの胃バイパス術で薬物療法の必要性減2018/10/3

BMI30以上で初回ルーワイ胃バイパス術を施行した成人2万2047人を対象に、同手術が2型糖尿病(D...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患投薬に関わる問題内分泌・代謝疾患

低侵襲Ivor Lewis食道切除術、Mckeown術より転帰良好2018/10/1

下部食道または胃食道接合部に食道癌がある患者420例を対象に、低侵襲IvorLewis食道切除術と低...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

腹壁ヘルニア修復の再発予測因子判明2018/9/19

2006年に初めて報告した前方アプローチによる腹壁瘢痕ヘルニア修復(preperitonealven...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患

腹腔鏡下手術の手技習得には独習より訓練受講2018/9/19

腹腔鏡下肝手術を独学で習得した外科医4人および手技習得のため特定の訓練を受けた外科医4人を対象に、患...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患その他一般外科疾患

クローン病、開腹術への移行予測因子を特定2018/9/14

クローン病の開腹術157例と腹腔鏡手術301例を対象に開腹術移行の予測因子を検討した。その結果、腹腔...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他一般外科疾患消化器疾患

虫垂炎診断、低線量CTが標準CTに非劣性2018/9/13

虫垂炎診断での低線量造影CTプロトコルの標準的CTプロトコルに対する非劣性を無作為化単施設試験で検証...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患その他消化器疾患

フレイルの術後転帰予測、CFS vs. 修正Fried指数2018/9/10

65歳以上の非心臓手術施行患者645例を対象に、前向きコホート研究を実施。修正Fried指数(mFI...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患

外科研修医の開腹/開胸動脈手術経験、米で減少2018/9/7

米国卒後医学教育認定評議会(ACGME)の16年間の症例記録報告をレビューし、一般外科研修医の開腹/...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患

PADへの単核細胞移植、P3で有効性示せず2018/9/5

血行再建不能の末梢動脈疾患(PAD)患者54例を対象に、自己骨髄単核細胞移植の臨床的有効性を二重盲検...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:循環器疾患一般外科疾患

胃・食道癌手術後のリハビリ戦略で心肺機能改善2018/9/4

再発の見られない胃・食道癌サバイバー43例を対象に、12週間のRESTOREリハビリテーションプログ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他消化器疾患

BRAF変異型大腸癌肝転移の臨床転帰と予後因子を分析2018/9/3

2001-16年に3施設で肝切除術を施行した大腸癌肝転移患者4124例のうち、転移巣の完全切除が得ら...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他消化器疾患一般外科疾患

胃癌切除後の生存率、大規模病院で高い2018/8/31

切除可能胃癌患者788例を対象とした2007-15年に実施した多国籍無作為化試験(CRITICS試験...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

MCVが食道癌切除術後の予後予測因子2018/8/27

根治的食道切除術を受けた食道癌患者570例を対象に、平均赤血球容積(MCV)と生存転帰との関連を後ろ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

P-NETの膵切除後肝転移、PAX6が予測因子か2018/8/22

膵神経内分泌腫瘍(P-NET)に対する膵切除術後の異時性肝転移を予測する因子を明らかにすべく、同時性...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

高齢ドナーからの肝移植の転帰、25年間で改善2018/8/20

米国で1990-2014年に実施した60歳以上の高齢ドナーからの成人肝移植1万4796件を対象に、長...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

ロボ支援手術、腹腔鏡手術より術者の筋骨格系負担少ない2018/8/15

デンマークで腹腔鏡手術とロボット支援腹腔鏡手術ともに経験豊富な外科医12人を対象に、両手術施行中の筋...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患その他

予期せぬ再受診が多い小児科手術を特定2018/8/13

2012-15年のPediatricHealthInformationSystem(PHIS)から小...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患小児科疾患

憩室炎患者の手術部位感染をPREVENTT尺度で予測2018/8/7

米国で憩室炎に対する結腸切除術1737例のデータを基に、手術部位感染を予測するPREVENTT(Pr...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

手術室“Black Box”が記録した腹腔鏡手術中の過失発生状況2018/8/3

カナダの大学病院で手術室での活動を記録するマルチポートデータ収集システム「ORBlackBox」を導...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患その他

膵癌への低侵襲性切除術、短期転帰は開腹術と同等2018/7/27

2010-15年に膵癌と診断し治癒切除を施行した2万2013例を対象に、腹腔鏡下またはロボット支援下...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

膵頭十二指腸切除後の重大合併症、低侵襲手術と開腹術で同等2018/7/23

欧州で膵頭十二指腸切除術を施行した患者4220例のうち、傾向スコアをマッチさせた低侵襲手術(腹腔鏡、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患その他

結腸切除、術前の併存疾患最適化で術後合併症減2018/7/19

糖尿病や心不全など重大な併存疾患を有する待機的結腸切除術施行患者4531例を対象に、術前の併存疾患最...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

外傷誘発性凝固障害管理のアルゴリズムを粘弾性止血分析を基に開発2018/7/17

成人外傷患者2287例の粘弾性止血アッセイのデータを基に、外傷誘発性凝固障害(TIC)管理のためのデ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患救急検査に関わる問題

ICUの「Bed Ahead」方針で院内死亡率などが改善2018/7/13

米国都市部のレベル1外傷センターが導入した「BedAhead」方針(次の外傷患者のために外科集中治療...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患救急

研修医と指導医の性格調和度が術中の処置委任度と関連あり2018/7/10

外科指導医と研修医のペア63組を対象に、指導医と研修医の性格調和度と指導医が研修医に手術の特定の処置...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患

KRAS変異大腸癌、肺転移巣ARでOS改善2018/7/5

肺転移を伴う大腸癌患者168例を対象に後ろ向きレビューを実施。転移巣の解剖学的切除(AR)の有益性を...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

消化管神経内分泌腫瘍、原発巣切除でOS改善2018/7/3

米国で高悪性度消化管神経内分泌腫瘍患者854例を対象に、原発腫瘍切除が転帰にもたらす効果を後ろ向き研...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

MTV変化量が食道癌長期生存予測に有用2018/6/22

局所進行食道癌患者102例を対象に、術前化学療法前後に18F-FDGPET/CTを用いて測定した代謝...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

胃癌の予後、MSIとPD-L1で予測2018/6/20

ステージIIないしIIIの胃癌患者592例を対象としたCLASSIC試験の事後解析により、マイクロサ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

BRCA1変異乳癌への乳房温存、切除と予後に差なし2018/6/19

オランダで50歳未満の浸潤性乳癌女性患者(BRCA1変異保因者191例、BRCA2変異保因者70例、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:産婦人科疾患一般外科疾患

デクスメデトミジン、ICU後の認知機能低下抑制効果2018/6/18

非心臓手術後に集中治療室に入室した高齢患者700例を対象に、低用量デクスメデトミジン投与が長期転帰に...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題救急その他神経内科疾患

HIV感染者の癌、2030年には前立腺癌と肺癌が高頻度に2018/6/13

米国でHIVと共に生きる人々(PLWH)の2030年までの癌リスクを記述的研究で予測した。その結果、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:血液疾患感染症腎・泌尿器疾患呼吸器疾患

高齢NSCLC、低侵襲手術で非癌死亡率低下2018/6/11

非小細胞肺癌(NSCLC)に対する肺葉切除術を施行した高齢患者を対象に、低侵襲手術(MIS)と開胸手...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:その他一般外科疾患呼吸器疾患

胃癌の腹腔鏡下手術、開腹手術に非劣性2018/6/5

日本で胃切除術を施行したII期またはIII期の胃癌患者を対象に、開腹手術と腹腔鏡下手術の長期転帰をコ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

食道切除後の退院遅延、予測モデルで100%特定2018/6/1

食道切除後に術後回復強化(ERAS)プロトコルによる周術期管理を実施した患者286例を対象に、退院遅...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

高齢早期肝細胞癌、根治的切除が生存率良好2018/5/22

日本で75歳以上の早期肝細胞癌(HCC)患者6490例を対象に、各治療方法の転帰を前向きに比較した。...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

局所進行膵癌、化学療法後の腫瘍切除率20%2018/5/18

米国ジョンズ・ホプキンス大学で局所進行膵癌患者415例を対象に、術前補助化学療法後の外科切除が患者転...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

LARSスコア、一般集団の標準値を調査2018/5/17

直腸癌手術後の排便機能を評価する低位前方切除術後症候群(LARS)スコアの活用に向けた基準データ集積...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患

外科医の多面評価、医療過誤による損害賠償請求と関連2018/5/14

米国で大学病院勤務の外科医264人を対象に、360度評価(多面評価)の結果と医療過誤による損害賠償請...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患その他

膵管腺癌切除後の再発、RFS 12カ月が早期と晩期の閾値2018/5/11

米国で膵切除術を施行した膵管腺癌患者957例を対象に、早期再発と晩期再発を区別する無再発生存期間(R...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患

食道癌、IDO1発現が全生存率低下と有意に関連2018/5/10

日本で根治的切除術を施行した食道癌患者305例を対象に、インドールアミン-2,3-ジオキシゲナーゼ(...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患

副腎転移巣切除後の転移、OSに影響せず2018/5/8

副腎転移巣切除術を施行した患者174例を対象に、副腎外転移の有無が全生存期間(OS)および無イベント...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:内分泌・代謝疾患

外科医の腹腔鏡手術スキル、患者転帰と関連2018/5/7

腹腔鏡下手術を施行した胃癌患者61例の手術動画を基に、外科医の技術的達成度と患者転帰の関連を後ろ向き...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患その他

虫垂NET、リンパ節転移の予測因子は不明2018/5/2

フランスで虫垂切除術を施行した虫垂神経内分泌腫瘍(NET)患者403例を対象に、術後のリンパ節転移予...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患

closed ICUの有無で救命成功率に差2018/4/27

米国ミシガン州で一般手術または血管手術を施行した患者4万4567例のデータから、救命不成功率(fai...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患救急

重度肥満患者の全死亡リスク関連因子2018/4/20

BMI35以上の重度肥満患者18万7061例を対象に、全死亡リスクと関連する因子を症例対照解析で検討...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:内分泌・代謝疾患消化器疾患一般内科疾患

ジャーナル
から探す