m3.com トップ > 海外ジャーナル > Surg Endosc

Surg Endosc  海外ジャーナル

RYGB後吻合部潰瘍穿孔、発生稀だが再発多2017/10/11

ルーワイ胃バイパス術(RYGB)を受けた患者3万5080例を対象に、術後の吻合部潰瘍穿孔(pMU)の...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般外科疾患消化器疾患

腹膜汚染、経直腸NOSEと小開腹で差なし2017/10/11

経直腸NOSE(自然孔を介した標本摘出)と小開腹術後の炎症反応および腹膜汚染を、ブタ24頭を用いた実...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

大腸癌切除術、ラパロと開腹の転帰等2017/10/6

2008-15年に腹腔鏡下または開腹による切除術を受けたpT4大腸癌患者147例を対象に、腫瘍学的転...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患一般外科疾患

腹腔鏡下子宮摘出術は「術者経験」が鍵2017/10/5

婦人科医19人が施行した腹腔鏡下子宮摘出術(LH)1051件を対象に、術者の手術経験と開腹術への移行...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患産婦人科疾患その他

COPD伴う結腸切除、腹腔鏡と開腹術を比較2017/9/27

米国外科学会の手術の質改善プログラム(NSQIP)のデータ(2010-14年)を用い、結腸切除術を受...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患その他呼吸器疾患

左結腸曲癌に腹腔鏡下CME術の有効性確認2017/9/26

左結腸曲(脾彎曲)癌患者17例を対象に、左結腸動脈と中結腸動脈左枝の結紮を伴う腹腔鏡下全結腸間膜切除...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他一般外科疾患消化器疾患

ポリープ検出率は腺腫発見の代理指標に2017/9/25

ポリープ検出率(PDR)と腺腫検出率(ADR)の関連が示唆されているが、PDRをADRの代理マーカー...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患

無症候対側ヘルニアに両側TEP可能2017/9/21

臨床的に片側または両側性鼠径ヘルニアと診断された男性234例を対象に、超音波(US)検査の臨床的有用...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

腹腔鏡レンズのくもり止め、FREDの効果が最高2017/9/20

腹腔鏡レンズの防曇方法を評価するため、スコープの加温、FRED(内視鏡用のくもり止め剤)、Resoc...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患その他

胆嚢摘出術の術者にMISTは不要?2017/9/19

胆嚢摘出術を受けた2810例を対象に、腹腔鏡手術から開腹手術への移行のリスク因子を単一施設における後...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患その他消化器疾患

ヘルニア術後QOLは無症候患者でより良好2017/9/14

全腹膜前腔アプローチ法(TEP法)で腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を受けた患者387例(無症候性79例、...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他

腐食性食道狭窄への拡張術、失敗因子判明2017/9/7

酸誘発性の腐食性食道狭窄患者55例を対象に、内視鏡的食道拡張術の結果と拡張失敗の予測因子について検討...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患一般外科疾患

ロボ支援の腹横筋解離術、転帰で開腹に優る2017/9/1

腹横筋解離術(TAR)は複雑な腹壁再建に対する有効なアプローチとされている。このTARおけるロボット...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患その他

胃ESD術、S-Oクリップ使用で時間短縮2017/8/31

S-Oクリップを用いた胃の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の有効性と安全性を後ろ向きコホート研究で評...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

TAPブロックの術後疼痛抑制は安全で有効2017/8/24

腹腔鏡下大腸手術を受けた患者182例を対象に、術後回復強化(ERAS)プログラムにおける腹横筋膜面(...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患その他

食道運動障害へのPOEM、5年転帰良好2017/8/21

経口内視鏡的筋層切開術(POEM)を受けた食道運動障害患者29例を対象に、術後5年間の臨床転帰を評価...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他

外科医の技術認定、立ち会いは好影響?2017/8/21

日本内視鏡外科学会の技術認定医監督の立ち会いによる技能と安全性評価の影響を、新人外科医5人による腹腔...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患一般外科疾患

AEGへのラパロ、失血少ないが手術時間延長2017/8/15

SiewerttypeIIの食道胃接合部腺癌(AEG)に対して根治的手術を行った87例を対象に、術式...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

肥満が胃癌LADGの予後不良を招く可能性2017/8/9

腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)を受けた胃癌患者243例を対象に、術後転帰に対する肥満の影響を...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患内分泌・代謝疾患

反復肝切除、低侵襲術で転帰良好2017/7/31

原発性および転移性の肝癌患者68例を対象に、開腹反復肝切除術(ORLR)と低侵襲反復肝切除術(MIS...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

減量胃切術後の漏出予測、指標特定2017/7/28

腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行した病的肥満患者208例を対象に、術後24時間のステープルラインから...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般外科疾患消化器疾患その他

「腹腔鏡下術中の電話」で手術ミスは増えるか2017/7/27

新人外科医30人を対象に、腹腔鏡下手術訓練中の電話呼び出しによる作業中断(集中力遮断)が技能成績に与...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患その他

小児鼠径ヘルニアのSLPEC、転帰良好2017/7/24

鼠径ヘルニア修復術を受けた小児2028例を対象に、単孔式腹腔鏡下経皮的腹膜外閉鎖法(SILPEC)の...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患その他小児科疾患

小児虫垂炎へのTULAAは短時間で低コスト2017/7/19

経臍腹腔鏡補助下虫垂切除術(TULAA)施行した小児1309例における手術成績を後ろ向きレビューで検...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患小児科疾患消化器疾患その他

虫垂口に及ぶLSTもESDで安全に治療可能2017/7/5

虫垂開口部まで10mm以内に及ぶ側方発育型腫瘍(LST)患者22例を対象に、内視鏡的粘膜下層剥離術(...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他

胃バンド除去から切除の同時術で合併増2017/7/3

米国外科学会の手術の質改善プログラムのデータ(2010-14年)を用いて、病的肥満に対する腹腔鏡下ス...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患内分泌・代謝疾患

腹腔鏡下腸切除、縮小切開で瘢痕ヘルニア減2017/6/28

腸切除術を施行したクローン病患者750例を対象に、開腹術と腹腔鏡下術の術後の腹壁瘢痕ヘルニア(IH)...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他一般外科疾患消化器疾患

小児副腎腫瘤のMAASは安全で有効2017/6/27

腹腔鏡下での低侵襲副腎手術(MAAS)を受けた副腎腫瘤小児患者68例のデータを基に手術転帰を検証。平...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:小児科疾患一般外科疾患内分泌・代謝疾患

胆嚢摘出とERCP別施行で手術部位感染2倍2017/6/12

胆嚢摘出術2201件の後ろ向きレビューにより、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)の追加における手...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他一般外科疾患

「腹腔鏡は反復で習得」できない医学生も2017/6/5

腹腔鏡下および開腹手術タスク5種の反復訓練に参加した医学生65人を対象に、手術技術の習得能力を検証。...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他一般外科疾患

胃切後再建、Billroth IIとRoux-en-Yの転帰等2017/5/26

胃癌に対する幽門側胃切除術施行患者162例を対象に、BillrothII法とRoux-en-Y法とい...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

幽門側胃切のラパロ下Roux-en-Y吻合は安全2017/5/25

胃癌のD2郭清を伴う幽門側胃切除術における完全腹腔鏡下uncutRoux-en-Y吻合法の安全性およ...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患その他

ロボ術の学習曲線、手術タイプで幅大2017/5/24

PubMedおよびEMBASEから既報論文26件を対象に、ロボット支援下一般外科手術の学習曲線につい...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他一般外科疾患

超高齢へのラパロ下胃切除は安全で有効2017/5/15

80歳以上の腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)施行患者31例を対象に、超高齢者におけるLADGの...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患その他消化器疾患

噴門形成失敗でも再手術でQOL改善2017/5/10

噴門形成術失敗後に腹腔鏡下噴門再形成術を受けた患者46例を対象に、再形成術の生活の質(QOL)改善効...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他一般外科疾患

腹腔鏡下術後悪心嘔吐、CO2で抑制されず2017/5/10

腹腔鏡下で産婦人科手術を施行した20-60歳の患者400例を対象に、術中の動脈血CO2分圧上昇度と術...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:産婦人科疾患一般外科疾患その他

ICG蛍光法が大腸切除線決定に有効2017/4/19

左側大腸癌に対し腹腔鏡手術を施行した112例を対象に、ICG蛍光法の定量的評価が術中の近位結腸切除線...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患一般外科疾患

外科手術訓練アプリは有用、VR併用でより効果2017/4/14

拡張実現(AR)を利用した外科手術訓練モバイルアプリTouchSurgery(TS)の腹腔鏡下胆嚢摘...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他一般外科疾患

幽門狭窄ステント不全の予測因子特定2017/4/12

自己拡張型金属ステント(SEMS)を留置した悪性胃幽門狭窄症患者252例を対象に、ステント機能不全の...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患

腹腔鏡術の問題対応力がゲームで向上2017/4/7

腹腔鏡下術の経験がない外科レジデント31人を対象に、シリアスゲームを用いた手術訓練カリキュラムの効果...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患その他

フルカバードステントで嚥下が楽に2017/3/24

治療不可能な食道癌または食道胃接合部癌で嚥下障害を有する患者95例を対象に、新規デザインのフルカバー...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患耳鼻咽喉科疾患

LPD、開腹術と予後変わらず【Surg Endosc】2017/3/15

膵頭十二指腸切除術(PD)を受けた腺癌患者87例を対象に、腹腔鏡下術(LPD)と開腹術の長期予後を傾...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他

日帰り大腸ESDの実行可能性明らかに【Surg Endosc】2017/3/10

スウェーデンで日帰り大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を受けた患者156例を対象に、外来での日帰り...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他

ヘルニア再修復、TEPとTAPP転帰等【Surg Endosc】2017/3/9

開腹による初回修復手術後に再発した鼠径ヘルニア患者2246例を対象に、膜外到達法(TEP)と腹腔内到...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患

「東京GL」緊急手術推奨への改訂支持【Surg Endosc】2017/2/15

緊急胆嚢摘出術施行の急性結石性胆嚢炎患者連続589例を対象に、グレードI(軽症)およびグレードII(...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患

再発バレット食道癌、内視鏡寛解4割【Surg Endosc】2017/2/8

内視鏡的切除術後に再発した癌性のバレット食道(BE)患者18例の医療記録を基に、再発BEに対する内視...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:その他消化器疾患

食道ヘルニア、メッシュ有無で転帰差なし【Surg Endosc】2017/2/7

2-4型食道裂孔ヘルニアの噴門形成を伴う腹腔鏡下修復術施行患者189例を対象に、非吸収性メッシュ使用...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患その他

経ストーマ標本摘出で傍ヘルニア発症増【Surg Endosc】2017/2/2

回腸ストーマ造設を伴う腹腔鏡下大腸手術を施行した患者連続738例を対象に、経ストーマ的標本摘出(st...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患その他一般外科疾患