Q1

  • 感染症
  • 皮膚
  • 小児科

出題日:2017年1月11日


◆感染症クイズCase2


17歳男性。左心低形成症候群に対してFontan手術を幼児期に行っている。心不全に対する加療と肝障害に対するフォローが行われているが、幼児期以降の入院歴はなく、日常生活には支障はなく地元の高校に通学している。血管内デバイスや免疫抑制薬の使用はない。1日前より、足甲部の痛みと発赤と発熱を認めた。受診日には足甲部の病変は水疱を伴い、急速な下肢の腫脹が認められた(画像1,2)血液培養でグラム陰性桿菌が検出された。特に注意すべき病歴は下記のいずれか。

国立成育医療研究センター 感染症科
宮入 烈先生出題


※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください

m3クイズ内の無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。