Q1

  • 呼吸器
  • 投薬に関わる問題
  • 小児科

出題日:2017年1月11日


吸入ステロイド治療でコントロール不良な中等度~重症の喘息を呈する小児および思春期の患者に対して、オマリズマブ皮下投与を併用した場合の重篤な有害事象の発現率はプラセボと同程度である。○か×か。
「SmartestDoc米国版」より出題

m3クイズ内の無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。