Q1

  • 皮膚

出題日:2017年9月15日


◆皮膚疾患クイズCase68


39歳、女性。3年前から左耳下部の腫脹を自覚し、その後、徐々に増大してきた。同部に痒みを伴う紅斑がみられる(画像1)。A総合病院耳鼻科を受診した際のCT所見で、左耳下腺~皮膚面に連続する境界不明瞭な50mmの腫瘤、および同側頸部リンパ節の腫脹を認め、「耳下腺腫瘍」を疑われた。B総合病院耳鼻科で施行された病理細胞診は、唾液腺、リンパ節ともにクラス判定IIで「反応性リンパ節炎」と診断され、セフェム系抗菌薬を投与されたが無効であった。当科で皮膚生検を施行した病理所見を示す(画像2)。本疾患にみられる特徴のうち誤っているものはどれか。

※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください

竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授
岸本 和裕先生出題


m3クイズ内の無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。